「高等学校現代社会」の版間の差分

M
M (再修正)
 
==== 大衆化 ====
映像文化が発達し、マスコミが感情に訴えかける社会を大衆社会という。[[社会学]]者のリースマンは孤独な群集の中で近代以前は地域社会の中で生活する伝統指向型==== 大衆化 ====
映像文化が発達し、マスコミが感情に訴えかける社会を大衆社会という。[[社会学]]者のリースマンは孤独な群集の中で近代以前は地域社会の中で生活する伝統指向型だったが、近代では宗教や思想をもとに主体的な行動する内部指向型、現代はマスコミに動かされる他人指向型になったと大衆化を分析した。
だったが、近代では宗教や思想をもとに主体的な行動する内部指向型、現代はマスコミに動かされる他人指向型になったと大衆化を分析した。
 
==== 大衆化 ====
映像文化が発達し、マスコミが感情に訴えかける社会を大衆社会という。[[社会学]]者のリースマンは孤独な群集の中で近代以前は地域社会の中で生活する伝統指向型だったが、近代では宗教や思想をもとに主体的な行動する内部指向型、現代はマスコミに動かされる他人指向型になったと大衆化を分析した。
 
 
 
==== 国際化 ====
国際社会の相互依存により、サミットが開かれたり、知的所有権や国内産業の空洞化の問題が起こっている。
 
==== 生涯における青年期の意義と自己形成の課題 ====
古代ギリシアの[[哲学]]者アリストテレスは愛知と述べている。ホモサピエンスは知恵の人という意味である。古代中国の[[思想]]家孔子は学ぶことは道であり、タオは真理そのものだと唱えた。フランス革命に影響を与えた[[思想]]家のルソーは青年期は第二の誕生であると唱えた。日本の青年は境界人であり葛藤を抱えている。マージナル・マンともいわれる。[[文化人類学]]者のミードはサモアでは子供から大人への移行は通過儀礼によっておこなわれていて葛藤は見られなかったとの調査をしている。[[心理学]]者のエリクソンは青年期の状態を心理社会的モラトリアムと名づけた。欲求不満のことをフラストレーションという。これを解消することを適応行動といい、[[心理学]]者のフロイトは防衛機制と呼んだ。青年期は自我が目覚める。個性には能力、気質、性格の3つの要素がある。アイデンティティが形成されないと拒食症や過食症、ステューデント・アパシーになることがある。アメリカの[[教育学]]者ハヴィガーストは青年期の発達課題を挙げている。
==== 職業生活と社会参加 ====
女性差別撤廃条約を受けて、男女雇用機会均等法や育児休業法が成立した。職業によって創造のよろこびを感じよう。
 
==== 現代社会における青年の生き方 ====
日本人は、北方系、朝鮮系、中国系、東南アジア系、ポリネシア系の5つの民族によって構成されている。日本はそれぞれの文化の終着点で雑種文化と呼ばれる。決して1つの民族、1つの文化ではない。外来文化と伝統文化のサイクルは1200年である。日本の伝統的な食生活は一汁一菜である。中世以降の民家は竪穴住居と高床住居の合体である。現代の和服である晴れ着は江戸時代になって定着した。集団のまとまりは制服になって現れている。ハレの日とケの日は伝統文化を支えている。ハレの日とケの日の区別は年中行事や通過儀礼になって現れる。地方や農村のことをヒナといい、都市のことをミヤコという。都市の伝統のことをミヤコぶりといい、京都ではみやびの世界が展開されている。賀茂真淵は清き明き心と誠を強調した。日本人の社会行動において、うちでは本音で接し、外ではたてまえで接する。農家が労働力を提供しあうことをゆいという。[[文化人類学]]者のベネディクトは草食獣はゆいによって対人関係を気にする恥の文化が形成され、肉食獣は縄張りによって宗教を心のよりどころとする罪の文化が形成されたと論じた。[[社会人類学]]者の中根千枝は、農耕民族は天候など先代の知恵や経験を大切にするのでたて社会が形成され、狩猟民族は技術が次々に革新され先代はおいていかれるのでよこ社会が形成されたと論じた。古代ギリシアの[[哲学]]者ソクラテスは人生でもっとも大切なことはよく生きることだと述べた。日本の代表的なキリスト教徒であり[[思想]]家のの内村鑑三は後世への最大の遺物は「勇ましい高尚な生涯」であると述べた。
 
 
=== 現代の経済社会と経済活動の在り方 ===