「LPIC(level1)」の版間の差分

M
細部の直し
M (細部の直し)
 
== LPI認定レベル1の概要 ==
LPI認定は、レベル1からレベル3まで3段階に分かれており、レベルが上昇するにつれて難易度は高くなる。レベル1は初級者、レベル2は中級者、レベル3は上級者と見なすことができます。 Linux経験年数の目安としては、レベル1では、半年~1年程度、レベル2では、 3〜4年程度とされています。現状では、認定はレベル順に取得していく必要があり、レベル2を取得するにはレベル1を、レベル3を取得するにはレベル2を先に取得しなければならないりません
 
{| class="wikitable" border="1" style="text-align:left"
! || レベル || 試験番号 ||
|-
| || rowspan="2" | LPI試験レベル1
 
=== Linux一般1試験の概要 ===
117-101(Linux一般1)は、LPI認定試験レベル1取得のための第1関門となります。出題数は、おおよそ65~75問であり、制限時間は90分となっています。合格には、 65%程度の正答率が必要である([[Linux一般1試験の概要]])。
 
{| class="wikitable" border="1" style="text-align:left"
! || 117-101 Linux一般1 || 内容  ||
|-
| || rowspan="5" | ||1.101  ハードウェアとアーキテクチャ
 
=== Linux一般2試験の概要 ===
117-102(Linux一般2)は、LPI認定試験レベル1取得のための第2関門となります。これが合格すれば、晴れてLPI認定レベル1は合格となり、認定証と認定カードを得られます。出題数は、おおよそ73問であり、制限時間は90分となっています。合格には、 65%程度の正答率が必要である([[Linux一般2試験の概要]])。
 
{| class="wikitable" border="1" style="text-align:left"
! || 117-102 Linux一般2 || 内容 ||
|-
| ||rowspan="9" | || 1.105  カーネル
=== Linux一般1試験のテキスト===
{| class="wikitable" border="1" style="text-align:left"
! || 117-101 Linux一般1 || テキストの目次 ||
|-
| || rowspan="5" | ||1.101  [[ハードウェアとアーキテクチャ]]
=== Linux一般2試験のテキスト===
{| class="wikitable" border="1" style="text-align:left"
! || 117-102 Linux一般2 || テキストの目次 ||
|-
| ||rowspan="9" | || 1.105  [[カーネル]]
136

回編集