「簿記/複式簿記の組織/複式簿記の基礎」の版間の差分

もし、この際現金の支払に代えて、約束手形を振出したとすれば、一方に負債を減少し、他方に「手形債務」なる他の負債を同額増加する。すなわち
負債(買掛金)の減少 500.<span style="text-decoration: underline; ">00</span>  負債(手形債務)の増加 500.<span style="text-decoration: underline; ">00</span>
* 3. 積立金¥10,000.<span style="text-decoration: underline; ">00</span>ヲ資本金ニ繰入ル。
この取引は、一方に「積立金」なる資本を¥10,000.<span style="text-decoration: underline; ">00</span>減じ、他方に「資本金」なる他の資本を同額増加する。すなわち
資本(積立金)の減少 10,000.<span style="text-decoration: underline; ">00</span> 資本(資本金)の増加 10,000.<span style="text-decoration: underline; ">00</span>
* 4. 貸金ノ利息 50.00 ヲ現金ニテ受取ル。
この取引は、一方に「現金」なる資産を¥50.<span style="text-decoration: underline; ">00</span>増加し、他方に「利息」なる利益¥50.<span style="text-decoration: underline; ">00</span>を増加し、したがって同額の資本増加を生ずる。すなわち
{|
| 資産(現金)の増加 50.<span style="text-decoration: underline; ">00</span>  利益 || (資本増加)の増加 50.<span style="text-decoration: underline; ">00</span>
|-
| || (利息)
|}
 
=== 仕訳 ===
150

回編集