「将棋/将棋とは」の版間の差分

M
→‎基本ルール: これはひどい
M (→‎基本ルール: これはひどい)
* 縦横9マスずつに区切られた'''[[w:将棋盤|将棋盤]]'''の上で行う。
* 競技者双方が交互に、盤上にある自分の[[w:将棋の駒|駒]]を一回ずつ動かす(「指す」と表現する)か、既に取った相手の駒([[w:持ち駒|持ち駒]])を一つ盤上に置く(「打つ」と表現する)かどちらかをすることができる。持ち駒を打つときは成っていない状態で配置する。成った状態の駒を打つことはできない。
* 駒は、[[w:玉将|玉将]](玉、ぎょく)または[[w:王将 (駒)|王将]](王、おう)・[[w:飛車|飛車]](飛、ひしゃ)・[[w:角行|角行]](角、かくぎょう)・[[w:金将|金将]](金、きん)・[[w:銀将|銀将]](銀、ぎんしょう)・[[w:桂馬|桂馬]](桂、けいま)・[[w:香車|香車]](香、きょうしゃ)・[[w:歩兵 (将棋)|歩兵]](歩、ほへい)の八種類であり、それぞれ動きが決まっている。
* 玉と金以外は敵側の陣地(敵陣)三段目以内に進むと「成駒」にできる。
** 成るときには駒を裏返す。
126

回編集