「不動産登記規則第64条」の版間の差分

平成23年法務省令第5号による改正を反映他
(立項)
 
(平成23年法務省令第5号による改正を反映他)
 
[[法学]]>[[民事法]]>[[コンメンタール不動産登記法]]>[[コンメンタール不動産登記]]>[[コンメンタール不動産登記規則]]>[[コンメンタール不動産登記事務取扱手続準則]]
 
==条文==
([[w:登記識別情報|登記識別情報]]の通知を要しない場合
;64条
#[[不動産登記法第21条|法第二十一条ただし書]]の法務省令で定める場合は、次に掲げる場合とする。
#:一 [[不動産登記法第21条|法第二十一条本文]]の規定により登記識別情報の通知を受けるべき者があらかじめ登記識別情報の通知を希望しない旨の申出をした場合(官庁又は公署が[[w:登記権利者|登記権利者]]のために登記の嘱託をした場合において、当該官庁又は公署が当該登記権利者の申出に基づいて登記識別情報の通知を希望しない旨の申出をしたときを含む。)
#:四 [[不動産登記法第21条|法第二十一条本文]]の規定により登記識別情報の通知を受けるべき者が官庁又は公署である場合(当該官庁又は公署があらかじめ登記識別情報の通知を希望する旨の申出をした場合を除く。)
#前項第一号及び第四号の申出をするときは、その旨を申請情報の内容とするものとする。
#登記官は、第一項第二号に規定する場合には同号に規定する登記識別情報を、同項第三号に規定する場合には同号に規定する登記識別情報を記載した書面を廃棄することができる。
#[[不動産登記規則第29条|第二十九]]条の規定は、前項の規定により登記識別情報又は登記識別情報を記載した書面を廃棄する場合には、適用しない。
 
==解説==
 
----
{{前後|[[コンメンタール不動産登記規則|不動産登記規則]]|[[コンメンタール不動産登記規則#第3章 登記手続|第3章 登記手続]]<br>[[コンメンタール不動産登記規則#第1節 総則|第1節 総則]]<br>[[コンメンタール不動産登記規則#第5款 登記識別情報(第61条~第69条)|第5款 登記識別情報]]|[[不動産登記規則第63条の2]]|[[不動産登記規則第65条]]<br>(登記識別情報の失効の申出)}}
 
{{stub}}
[[category:不動産登記規則|064]]
249

回編集