「線型代数学/計量ベクトル空間」の版間の差分

紹介している用語に英語を併記。例えば、「ノルム (norm)」など。
編集の要約なし
(紹介している用語に英語を併記。例えば、「ノルム (norm)」など。)
ベクトルには大きさも定義される。ふつうそれは||a||で表され、
:<math>||\mathbf{a}||=\sqrt {\sum^{n}_{i=1} |a_i|^2}</math>
と定義される。これをaの''ノルム'' (norm)と言う。
 
'''例'''
ここでは実ベクトルの場合に関して述べる。
:<math>(\mathbf{a},\mathbf{b}) = \sum^{n}_{i=1} a_ib_i</math>
を'''a'''と'''b'''の''内積'' (inner product)という。
 
特に2,3次元空間ベクトル'''a'''と'''b'''との内積は、'''a'''と'''b'''のなす角をθとすると、
22,730

回編集