「線型代数学/ベクトル」の版間の差分

紹介されてる用語に英語を併記。「行列式(determinant)」や、「外積(exterior product)」など。
(紹介されてる用語に英語を併記。「行列式(determinant)」や、「外積(exterior product)」など。)
というベクトルを考えると、
:<math>(\mathbf{a},\mathbf{v})=0</math>
なので、'''a'''とこの直線は直交する。この'''a'''をこの直線の''法線ベクトル''(normal vector)という。
 
'''例5.1'''
c & d
\end{vmatrix}=\det A=\det(\mathbf{a},\mathbf{b})
=ad-bc</math>をAの行列式(determinant)という。
 
次の性質は簡単に証明できる。
定義(7.2)
 
'''c'''は次の4条件を満たすとき、'''a''','''b'''の外積(exterior product)あるいはベクトル積(vector product)と呼ばれ,'''a'''×'''b'''='''c'''と表記される。
 
 (i)'''a''','''b'''と直交する。
23,094

回編集