「PHP/入門/関数とは」の版間の差分

編集の要約なし
(PHPにおける関数)
 
編集の要約なし
 
関数とは、行いたい処理をひとまとめにして、あとでそれを簡単に実行できるようにするためのものである。
 
例:
<pre>
 
function f($n){
print "a<br>";
print "b<br>"
}
?>
関数を定義するには、functionを使い、その中に、処理をかく。
そうすれば、関数の名前を書くだけで、中の処理を行ってくれる。
(ちなみに、PHPはコードをすべてメモリに読み込んでから実行するため、関数をプログラムのどこに書いても
関数を使うことができる。)
 
これを実行すると、
 
 
a
b
 
 
のように表示される。
 
function f(){
return 1;
}
?>
 
function add($i, $j){
return $i + $j;
}
 
関数の中で定義した変数をローカル変数と呼ぶ。
 
通常、グローバル変数を関数内で使用することはできませんない
また、ローカル変数を関数外で使用することはできませんない
 
このような、変数の使える範囲のことを、スコープ(Scope) と呼びます
 
<pre>
 
function f(){
$i = 99;
print "ローカル変数{$i}";
}
?>
</pre>
 
このとき、f() の中に、変数 $i があり、グローバルスコープにも、変数 $i があります
しかし、これらは、別物である
 
しかし、関数内で、グローバル変数を使用することができます
 
例:
 
function f() {
global $s;
$i = $s * $s;
print "sの二乗は{$i}です。";
}
?>
</pre>
 
関数 f() の一行目の global に注目してくださほしい。
こうすることにより、グローバル変数を関数内で使用することができまするようになる
12

回編集