「高校化学 合成高分子化合物」の版間の差分

いろいろと修正。
(一部の用語に英訳を追加。また、冒頭に節「高分子とは」を追加した。)
(いろいろと修正。)
 
単量体どうしが、結合することを'''重合'''(polymerization)という。
重合の際、たとえば二重結合のあるエチレンから、二重結合が単結合となることで重合するポリエチレンのように、二重結合が単結合となることで重合する結合を'''付加重合'''(付加重合)という。
 
重合の際に、化合物によっては、たとえば単量体に結合していた水素などが欠落し、副生成物として水分子が出来る場合がある。副生成物を生じて重合することを'''縮合'''という。特に、重合で水分子が、単量体由来の分子を原料として、水が副生成物として生じる場合の重合反応を'''脱水縮合'''という。
=== ポリエチレン ===
[[ファイル:Polyethylene-repeat-2D-flat.png|thumb|150px|ポリエチレンは最も簡単な構造をした高分子である。]]
[[ファイル:LDPE03.png|thumb|left|製造法によっては、ポリエチレンは分岐構造をもつ。]]
:略称はPS 。
エチレンを付加重合すると'''ポリエチレン'''(polyetylene)ができる。
 
ポリエチレンには、重合反応の条件により、'''高密度ポリエチレン'''(HDPE)と'''低密度ポリエチレン'''(LDPE)がある。
{{clear}}
 
==== 低密度ポリエチレン ====
[[Image:LDPE02.png|thumb|180px|低密度ポリエチレンの分子構造図(概略)]]
{{clear}}
==== 高密度ポリエチレン ====
触媒として、四塩化チタンTiCl4TiCl<sub>4</sub>とトリエチルアルミニウムAl(C2H5C<sub>2</sub>H<sub>5</sub>)<sub>3</sub>からなる触媒(この触媒チーグラー触媒という)を用いて、5atm程度の数気圧でエチレンを付加重合させると、ポリエチレンができる。枝分かれの少ないポリエチレンができる。これは高密度のポリエチレンである。この低圧法で作ったポリエチレンを'''高密度ポリエチレン'''という。
 
 
{{clear}}
=== ポリスチレン ===
[[ファイル:Polystyrene linear.svg|thumb|300px|ポリスチレンの化学構造]]
:(polystylene)略称はPS 。
スチレンの付加重合。
 
=== フェノール樹脂 ===
[[ファイル:Bakelit_Struktur.png|thumb|300px350px|フェノール樹脂 3次元網目構造]]
:略称はPFR。(phenol formaldehyde resin)
==== ノボラック ====
{{clear}}
==== レゾール ====
フェノールにホルムアルデヒドを反応させる際にノボラックとは触媒を変えて、塩基を触媒としてフェノールにホルムアルデヒドを反応させると'''レゾール'''という鎖式構造の重合分子が得られる。レゾールは液体であり、また、分子構造がノボラックとは別の分子構造であ異なる。
 
レゾールを加熱すると重合反応が進みフェノール樹脂になる。
商品名でベークライトという名称がある。
 
{{clear}}
 
=== 尿素樹脂 ===
[[画像:UreaFormaldehydeResin01.png|thumb|尿素樹脂]]
 
用途は、よく接着剤に用いられる。接着剤としての利用は、架橋のために加えるポリアミン化合物などを硬化剤として用いる。
<gallery widths=250px>
 
[[ファイル:Bisphenol A.svg|thumb|left|250px|ビスフェノール]]
[[File:Epichlorohydryna.svg|thumb|center|250px|エピクロロヒドリン]]
[[Image:Ethylene-oxide-2D.png|thumb|left|150px|エポキシ基]]
</gallery>
 
{{clear}}
==== 不飽和ポリエステル樹脂 ====
繊維強化プラスチックFRP(Fiber reinforced plastic)の母材として、この不飽和ポリエステルは用いられることが多い。
 
<gallery widths=250px>
[[File:Fumaric-acid-2D-skeletal.png|thumb|left|200px|フマル酸]]
[[File:Glikol.svg|thumb|center|150px|エチレングリコール]]
</gallery>
23,379

回編集