「中学校国語 古文/平家物語」の版間の差分

祇園精舎~~の節のあとの、「遠く異朝(いてう、イチョウ)をとぶらへば、」の節を追加。
M編集の要約なし
(祇園精舎~~の節のあとの、「遠く異朝(いてう、イチョウ)をとぶらへば、」の節を追加。)
まるで、風に吹き飛ばされる塵(ちり)と同じようだ。
|}
 
{| style="width:100%"
|valign=top style="width:40%;text-indent:0em"|
 
遠く異朝(いてう、イチョウ)をとぶらへば、秦(しん)の趙高(ちょうこう)、漢(かん)の王莽(おうまう、オウモウ)、梁(りゃう、リョウ)の朱伊(しうい、シュウイ)、唐(たう、トウ)の禄山(ろくざん)、これらは皆(みな)、旧主先皇(せんくわう、センコウ)の政(まつりごと)にも従はず(したがはず)、楽しみを極め(きはめ)、諌め(いさめ)をも思ひ(オモイ)入れず、天下の乱れむ事を悟らず(さとらず)して、民間の愁ふる(ウレウル)ところを知らざりしかば、久しからずして、亡(ぼう)じにし者どもなり。
近く本朝(ほんてう、ホンチョウ)をうかがふに、承平の将門(まさかど)、天慶の純友(すみとも)、康和の義親(ぎしん)、平治の信頼(のぶより)、これらはおごれる心もたけき事も、皆(みな)とりどりにこそありしかども、
間近くは(まぢかくは)、六波羅(ろくはら)の入道(にふだう、ニュウドウ)前(さきの)太政大臣平朝臣(タイラノアッソン)清盛公と申しし人のありさま、伝へ(ツタエ)承る(うけたまはる、ウケタマワル)こそ、心も詞(ことば)も及ばれね(およばれぬ)。
 
|valign=top style="width:10%;text-indent:1em"|
|valign=top style="width:40%;text-indent:1em"|
::現代語訳(げんだいご やく)
(※ 編集中)
 
|}
 
 
=== 解説 ===
23,379

回編集