「高校生活ガイド」の版間の差分

高校卒業後についての記述を削除。タイトルと違うため。
(就職活動についての記述を削除。すでに別記事の就職活動ガイドがあるため。)
(高校卒業後についての記述を削除。タイトルと違うため。)
救済措置が一切ないという場合もありますが、よほど普段の素行が悪くない限り、そうしたことは起こりません。
 
== 部活や委員会活動をどうするか? ==
* 部活での文書管理などのノウハウについては、こちらを参考にしてください。 リンク:[[高等学校部活動]]
 
== 高校の転校は条件がキビシイ ==
職業高校への編入には、在学中の編入のほかにも、普通科高校を卒業してから職業高校に編入するという方法もあります。(ただし地域によって制度が違う場合があるので、地元の教育委員会などに確認してください。)
 
=== 職業高校への編入を検討している場合 ===
大学進学は、工業高校や商業高校などの職業高校(今では専門高校と言う。)の卒業生でも、法的には大学受験が可能です。
ですが、現実的には受験対策などの普通科との差で、職業高校からの大学進学は困難です。
 
== 部活や委員会活動をどうするか? ==
特に職業高校への進学にコダワリが無ければ、普通科高校を卒業したほうが大学進学をしやすいです。
* 部活での文書管理などのノウハウについては、こちらを参考にしてください。 リンク:[[高等学校部活動]]
 
また、商業高校に進学した場合、理系大学に進学するのは、現実的に理系科目の学力面から無理です。(大学受験だけなら、商業高校卒から理系大受験も、法的には可能です。)
 
工業高校で習う機械工学などの専門教育は、工業大学の入試にすら出ません。農業高校や水産高校の専門科目も同様に、大学入試には出ません。
 
また、専門科目以外の教育は、職業高校ではあまり行いません。工業高校ですら、数学や物理の時間は少ないです。農業高校でも、生物学や化学の時間は少ないです。
 
工業高校では、少しは初歩の強度計算や電子工学なども、初歩にかぎり教えますが、しかし工業高校での教育の多くは工具の使い方などの職業訓練です。工業高校は、スパナやドライバーなどの工具の使い方や、はんだごての使い方、はたまた旋盤などの工作機械の使い方、そういった技能を練習する学校です。
 
農業高校では、少しは農学的なことや最近ではバイオテクノロジーの初歩も教えますが、しかし、農業高校での教育の多くは職業訓練です。バイオテクノロジーの初歩なら、普通科の生物の参考書にも紹介されてますので、べつにバイオを教わるために、わざわざ農業高校に進学する必要はありません。
 
高卒で就職する場合は、多くの企業は普通科卒よりも職業高校卒を雇いたがるという現実があります。家庭の経済事情で、大学への進学が難しい家庭はこの事に注意してください。
 
また、職業高校は生活指導などが意外と厳しいです。
 
職業高校というと「落ちこぼれの不良が集まる底辺校」という感じのイメージが世間ではありますが(特に工業高校など)、実際は就職指導を含めて生活指導が厳しめに行われるので、あまりにも素行の悪すぎる不良・非行生徒だと中退をせざるを得ない場合もあります。
(とは言え、さすがに普通科の難関高校など、優等生の集まる難関と比べたら、不良っぽい生徒は多いかもしれないが・・・)
 
専門科目でも、実習のレポートなどが膨大な量だったりと、けっこうスケジュールが厳しいです。
 
「レポート」と言っても、けっして小学生・中学生のレポートのような数枚のレポートを学期に1回・2回ではなく、職業高校の実習レポートでは10数枚〜20枚くらいの枚数のレポート提出を数週間おきぐらいに要求されます。しかもレポートの質が低ければ、書き直しを命じられることもあります。企業に就職した後の報告書の書き方の教育なども含めた教育なので、それだけレポート課題が厳しいのです。
 
== 大学入試と委員会活動・生徒会活動の兼ね合い ==
多くの大学の一般入試では、大学入試には部活の実績や委員会活動・生徒会活動などの活動実績は、要求されておらず、一般入試では部活などの活動実績があっても試験に加点されないのが普通です。
大学の一般入試は高校入試と違い、内申書は重視されないのが一般です。
中学ではクラス委員などというと尊敬される場合が多いかもしれませんが、高校では学校によってはクラス委員活動とかにあまり関心を待たず、クラス内にいるクラス委員も、あまり尊敬されない場合があります。
 
周囲が大学受験を目指し、委員会活動・生徒会活動などに関心を持たないという空気の中で、一人だけ委員会活動に精を出すというのは、学校のことを大切に思っていて立派なことかもしれませんが、周囲の無関心に負けない強い精神力を要します。なので、委員会活動・生徒会活動などに精を出そうとする人は、この冷酷な現状を覚悟しておいて下さい。
 
== 芸術科目は5教科と両立できるか? ==
中学生の頃は、芸術科目の音楽や美術の成績が内申書で評価されたり、芸術教科が必修科目で授業時間数も多いことから、周囲の関心を集めやすかったでしょう。ですが、高校では、ほとんど芸術教科は関心を集めません。大学受験には、多くの大学では芸術科目が要求されないのが理由の一つでしょう。
 
== 職業高校への編入を検討している場合 ==
特に進学校の高校に進学した場合、この周囲の生徒の芸術無関心の傾向が強まるかもしれません。
大学進学は、工業高校や商業高校などの職業高校(今では専門高校と言う。)の卒業生でも、法的には大学受験が可能です。
ですが、現実的には受験対策などの普通科との差で、職業高校からの大学進学は困難です。
 
特に職業高校への進学にコダワリが無ければ、普通科高校を卒業したほうが大学進学をしやすいです。
これが大学に進学すると、さらに、芸術無関心の傾向が強まります。そもそも大学には、高校と違って芸術教科は必修ではありませんし、一般に芸術の実技などは、多くの大学では、そのような科目は無いです。
 
また、商業高校に進学した場合、理系大学に進学するのは、現実的に理系科目の学力面から無理です。(大学受験だけなら、商業高校卒から理系大受験も、法的には可能です。)
このようなことを、進路で芸術分野を志す人は、覚悟をしておいて下さい。
 
工業高校で習う機械工学などの専門教育は、工業大学の入試にすら出ません。農業高校や水産高校の専門科目も同様に、大学入試には出ません。
高校入試では、内申書制度などで、さんざん芸術の評価を体育の評価などと同様に要求されたのに、高校・大学では全く関心を持たれず、また入試での評価も低いというのは、気の毒かもしれませんが、実情として、このように5教科以外は関心が低いという現状があります。
 
また、専門科目以外の教育は、職業高校ではあまり行いません。工業高校ですら、数学や物理の時間は少ないです。農業高校でも、生物学や化学の時間は少ないです。
また、一般に、大学で芸術系の学科のある大学は数が少ないです。このため、そこそこ名のしれた美大・音大は、かなりの「狭き門」になります。芸術分野の要求する実技の能力はハードルが高く、例えば美大対策の美術デッサン練習など芸術を高校在学中に熱心に練習すると、5教科の学習時間が大きく減り、成績が悪くなる、というのが一般的です。
そのように5教科の成績が下がるというリスクを払って芸術を練習し技能を習得しても、大学入試では美大・音大および教育学部の芸術系を除けば芸術の実技・技能は全く要求されません。
ですから芸術を志す人は、覚悟をしておいて下さい。
 
工業高校では、少しは初歩の強度計算や電子工学なども、初歩にかぎり教えますが、しかし工業高校での教育の多くは工具の使い方などの職業訓練です。工業高校は、スパナやドライバーなどの工具の使い方や、はんだごての使い方、はたまた旋盤などの工作機械の使い方、そういった技能を練習する学校です。
== 進路をどう保護者と相談するか? ==
高校卒業後は、普通科高校のような、共通した普通教育の学校が、ありません。大学は学部ごとに教育内容が分かれています。
なので、高校在学中に進路を決める必要があります。たとえば・・・
:「進学するのか?就職するのか?」
:進学する場合は「どの分野の学部に進学するのか?」
:就職する場合は「どの業界への就職を目指す?」
 
農業高校では、少しは農学的なことや最近ではバイオテクノロジーの初歩も教えますが、しかし、農業高校での教育の多くは職業訓練です。バイオテクノロジーの初歩なら、普通科の生物の参考書にも紹介されてますので、べつにバイオを教わるために、わざわざ農業高校に進学する必要はありません。
そして、進学するにも、就職するにも、少なくとも未成年のうちは、保護者の許可が必要です。保護者に進路相談をする必要があります。学校でも進路相談をすると思いますので、そのような機会を活用して下さい。
 
高卒で就職する場合は、多くの企業は普通科卒よりも職業高校卒を雇いたがるという現実があります。家庭の経済事情で、大学への進学が難しい家庭はこの事に注意してください。
保護者に希望する進路先を「明確に」伝える必要があります。希望進路が保護者に許可されない場合もありますが、少なくとも希望する進路を伝えないと、希望が伝わらないまま誤解をされつづけます。また保護者が父母の二人いれば、両方の保護者に、高校生本人が直接、希望進路を伝えるべきです。
 
また、職業高校は生活指導などが意外と厳しいです。
けっして父母の片方だけにしか希望進路を伝えない、ということをしないほうが良いでしょう。なぜなら伝言ゲームのように、間違って進路希望が伝わる可能性があるからです。
 
職業高校というと「落ちこぼれの不良が集まる底辺校」という感じのイメージが世間ではありますが(特に工業高校など)、実際は就職指導を含めて生活指導が厳しめに行われるので、あまりにも素行の悪すぎる不良・非行生徒だと中退をせざるを得ない場合もあります。
たとえば高校生が女子の場合、同性である母親だけにしか進路を伝えない場合があります。同様に、高校生が男子の場合、父親だけにしか進路を伝えない場合があります。ですが、このような、片方の親にしか希望進路を伝えないことは、やめたほうが良いです。
(とは言え、さすがに普通科の難関高校など、優等生の集まる難関と比べたら、不良っぽい生徒は多いかもしれないが・・・)
 
専門科目でも、実習のレポートなどが膨大な量だったりと、けっこうスケジュールが厳しいです。
家庭によっては、普段、子の教育の世話を見るのが、父母のどちらか片方だけになってるかもしれませんが、進路相談では両方の父母に希望する進路を報告するべきです。
 
「レポート」と言っても、けっして小学生・中学生のレポートのような数枚のレポートを学期に1回・2回ではなく、職業高校の実習レポートでは10数枚〜20枚くらいの枚数のレポート提出を数週間おきぐらいに要求されます。しかもレポートの質が低ければ、書き直しを命じられることもあります。企業に就職した後の報告書の書き方の教育なども含めた教育なので、それだけレポート課題が厳しいのです。
もし間接的に希望進路を伝えて、伝言ゲームのように間違って希望進路が伝わった場合、毎日一緒に暮らしてる保護者相手にすらハッキリと直接的に希望を伝えなかったという高校生本人にも、自分一人でも出来る進路説明すら怠ったという失態があるでしょう。
 
中学から高校への進学では、多くの中学生は普通科高校にすすむように進路の個人差は小さいので、周囲をマネて中学生が中学卒から普通科高校へと進学していても、進路に大きな問題が起きません。ですが、高校から先の進路は個人差が大きいので、キチンと進路を保護者に説明しないと、のちのち進路のトラブルが起きる原因になります。
 
そもそも高校生を子に持つ保護者には、高校生から希望する進路を聞きとる義務は、ありません。
また、高校生が大学などに進学したい場合、そもそも保護者には、高校生の進学の世話をする義務が、ありません。
 
高校生にも、進路について説明をする能力が必要です。たとえ自分の希望する進路が保護者に通らない場合があるとしても、その場合でも論理的に自分の希望進路を伝え、保護者との妥協点をさぐる能力が高校生には求められるのです。
 
== 高校卒業後は進学するべきか? ==
=== 大学進学するべきか? ===
==== メリット ====
国家資格などを取りやすくなる。
大学を卒業していると、いくつかの国家資格を取得しやすくなります。資格によっては、大学を卒業しないと受験できない場合もあります。(教員免許など。)
 
国家資格によっては、特定の学科を卒業していないと、取得に必要な実務経験が長くなる資格もあります。
 
ただし、資格を持っていても、簡単に就職できるとはかぎりません。
また、近年の規制緩和などの流れにより、いくつかの資格の価値が下がっています。
 
 
*企業の採用活動は学歴重視
日本の多くの企業は、採用活動では、出身校の評判などの学歴などの肩書で評価します。
 
さて、日本の大企業は、自社の幹部候補を原則的に、難関の有名大学(主に国立大)の大卒以上から選ぶという慣習があります。下請け企業などの中小企業でも、大企業を真似して、学歴重視に倣う企業が多いです。
 
大企業では、一定上の学歴でないと、最初から書類選考で落とすという場合もあります。いわゆる「'''学歴フィルター'''」と言われる足切りです。
 
なので、そこそこ知名度の高い大学を出てると、就職しやすかったり、就職後の出世が早くなって、得をするかもしれません。
 
 
企業の採用活動では、学生個人の学力は評価しません。そもそも企業の採用活動では、学力試験や実技試験などの試験は、ほとんど行いません。
 
仮に採用試験で1次試験などとして筆記試験が行われても、あまり専門的な学力を重視しないのが普通で、中学レベルの数学などのパズル的な問題を出したりすることが多いです。
 
ともかく、企業は学歴で採用活動の第1選抜をします。
 
 
日本の大企業の採用試験では、学力や専門知識をほとんど重視しないくせに、なぜ学歴だけにはコダワリ、難関大卒以上の社員に限定して幹部候補として扱い、高卒や一般大学などを幹部候補にしないのかは、非常に理解に苦しみます。
 
ですが、当面の間は、大企業や、大企業の下請け企業では、こういった慣習が続くでしょう。
 
==== デメリット ====
進学には、お金が掛かります。
 
多くの学生は私立大学に進学することになります。私立の学費が年間100万以上なので、卒業までの4年間で、ざっと最低でも400万円以上は掛かります。これとはべつに、下宿をするなら、家賃などの諸経費が掛かります。都内のアパートの相場が月額7万円だとして、1年で約84万円の家賃が掛かるとしましょう。切り良く食費や光熱費も含めて100万円の家賃だとして、4年間で400万円が掛かるわけです。すると、4年間で800万円は掛かります。
 
これは留年などをせずにストレートに卒業した場合ですので、そいうったことも含めて、私立大学の卒業までに1000万円は教育費が掛かると思ったほうがよいでしょう。
 
国公立の大学でも、学費が年間60万円ていどは掛かります。少なくとも卒業までの4年間で240万円は掛かるわけです。諸経費を含めて、2倍程度で、卒業までに600万円の教育費は掛かると思ったほうが良いでしょう。
 
国立は私立よりかは安いですが、競争も厳しく、入学までに浪人をすることも多く、年数が掛かる場合があります。浪人の間の生活費なども考える必要があります。
 
家が金持ちなら良いですが、貧乏なら借金などをして進学することになります。
1000万円ちかい借金というのは、負担が、けっこう、重いです。
新卒の給料が年間300万円が相場と言われますが、生活費などを差し引くわけですから、借金の返済に当てられるのは、多くても年間100万円ていどまでです。すると、卒業してから10年近くは、生活を切り詰めなければ、いけません。
 
たとえ大学を卒業しても、かならずしも賃金の高い企業に就職できる保証はありません。あまり就職率の高い大学に進学できそうにない場合は、大学進学をやめて高卒で就職活動したり、あるいは職業高校に編入学したほうが良いかもしれません。
 
 
=== 短大や専門学校を目指すべきか? ===
どこの短大や専門学校も、学校の宣伝として、専門教育を上げると思います。しかし、一般に短大の科目の専門性は、大学より高いことは、まずありません。
 
また、多くの企業の採用活動では、大学の学科名より以上は、あまり学校教育の専門性を当てにしていません。たとえ大卒ですら、研究テーマなどを就職活動では、ほとんど評価してもらえません。
 
普通科高校では、職業教育をまったく受けないので、短大や専門学校での専門教育・職業教育が、高校生の目には、高度で専門的な教育に見えるかもしれません。
 
ですが、もし専門学校の分野と同じ分野が職業高校にもある場合は、職業高校の専門性と専門学校は大して変わりません。専門学校と同じ分野が大学や短大にある場合、一般に短大や大学の教育内容のほうが高度です。
 
==== 短大 ====
短大は、法的には大学に準じた短期(2年間が一般)の教育機関です。
 
年間の学費は、大学と同じ程度(私立なら100万以上)、かかります。
 
短大を卒業すると、大学の、関連する学科への編入学の受験資格もあります。ですが、有名大学などは、競争が激しいです。編入試験は、あまり当てにしないほうが良いでしょう。
 
仮に編入試験に合格し、編入学が出来ても、3年生への編入ではなく、2年生に編入などになることがあり、大学卒業までの年数に、高卒時点から4年以上の年数を要する場合があります。
 
以上の理由から、もしアナタに大学進学できるだけの学力があるならば、高校生のころから、なるべく大学を志望したほうが良いかもしれません。
 
就職も、賃金の良い企業に就職できる保証は、ありません。ただし看護系の短大など、国家資格が取得できる場合は、就職状況は例外かもしれませんが。
 
==== 専門学校 ====
学校にもよりますが、学費は大学と同じくらいに高く、一般に年間100万円以上は掛かります。
 
就職活動は、一部の業界を除き、企業は、専門学校に限らず、学生の時点での専門性をあまり評価しません。
たとえ大卒ですら、研究テーマなどを就職活動では、ほとんど評価してもらえません。
 
なので、もしもアナタが職業高校などに通っていて、高卒で就職できそうで、今後は大学に進学する気が無いのなら、専門学校に行くよりも、さっさと就職したほうが良いでしょう。
 
 
短大の場合は、法的には大学に準じた短期(2年間)の教育機関です。しかし専門学校は短大と違い、法的にも大学に準じた教育機関とは、専門学校は見られないのが一般です。そのため短大では大学への編入学の制度などもありますが、しかし専門学校卒から大学への編入学は、基本的には無いのが通常です。
 
志望したい業界の採用方法が能力主義で無いならば、あまり専門学校を志望しないほうが、卒業後は経済的にも安全でしょう。
もし、一般の大学にも、志望したい業界に就職実績の強い大学があるなら、最初から大学に進学したほうが就職にも有利かもしれません。
 
もし、工業の旋盤などの技能取得などの教育を受けたかったり、あるいは商業の簿記の教育を受けたくて、しかし経済的に大学に進学するだけの経済的余裕などが無くても、職業高校への編入学や職業訓練校への入学により、それらの職業教育を受けるという方法もあります。
 
 
また、もしも家庭の財力に余裕があるならば、大学を卒業した後に、専門学校に進学するという方法もあります。卒業までの年数が掛かり、就職活動時の年齢が高くなるので就職に不利な点もありますが、それを差し引いても「大卒」の肩書があったほうが多くの業界で就職に有利かもしれません。
 
また、志望する業界によっては、その業界の国家資格の受験資格に、大卒の肩書が必要な場合があります。専門学校だと、国家資格の受験資格で不利になる場合が考えられます。
 
 
他の大学や短大や職業高校などには、その分野の学校が存在しない場合にかぎり、専門学校に進学するのが良いかもしれません。なおかつ志望したい業界が学歴主義でなく能力主義・技能主義などの場合にかぎり、専門学校に進学したほうが就職後の経済的には良いかもしれません。
 
== 高卒で就職する場合 ==
*[[就職活動ガイド]]
23,477

回編集