「高等学校現代社会」の版間の差分

M
(節「現代社会における青年の生き方」のタイトルと内容が不一致なので、タイトル変更し、元タイトルは廃止。ハレとケの概念は青年に関係ないだろ?)
 
[[文化人類学]]者のベネディクトは草食獣はゆいによって対人関係を気にする恥の文化が形成され、肉食獣は縄張りによって宗教を心のよりどころとする罪の文化が形成されたと論じた。
[[社会人類学]]者の中根千枝は、農耕民族は天候など先代の知恵や経験を大切にするのでたて社会が形成され、狩猟民族は技術が次々に革新され先代はおいていかれるのでよこ社会が形成されたと論じた。古代ギリシアの[[哲学]]者ソクラテスは人生でもっとも大切なことはよく生きることだと述べた。日本の代表的なキリスト教徒であり[[思想]]家の内村鑑三は後世への最大の遺物は「勇ましい高尚な生涯」であると述べた。
 
=== 現代の経済社会と経済活動の在り方 ===
1

回編集