「大学生活ガイド/理系」の版間の差分

→‎大学院への進学について: 就職後は、大学院には進学させてもらえないのが一般
(→‎大学院への進学について: マーチ卒でも大手製造業では工員になる場合もある。肩書は技術者だが、実態は工員)
(→‎大学院への進学について: 就職後は、大学院には進学させてもらえないのが一般)
== 大学院への進学について ==
=== 大学院は修士課程までは進学したほうが有利かも ===
==== 概論 ====
研究職を目指すなら、理科系の場合は、大学院に進学したほうが良いです。また、たとえ研究職を目指さなくても、設計・開発とかを目指すなら、研究職と似たような理由で、大学院に進学したほうが有利です。ただし、あくまでも、ほんとうに本気で研究職を目指す場合、です。
 
なぜなら、企業では、たとえ製造業などの技術系の企業でも、大卒として入社した社員であっても、なぜか高卒と同じ仕事をさせられる事が多くあります。このため、大卒で入社しても、高卒でも出来る仕事を命令される事があります。なので研究職につきたい人は、なるべく大学院で研究の経歴と実績を積んで研究者のタマゴとしての経歴を積んだほうが、就職には有利です。
 
*==== 大手メーカーでは、マーチ日大の理工学部の学部卒の何割かは、現場の工員に配属 ====
具体的に言うと、マーチ(明治・青山・立教・中央・法政)以下、日大以下の偏差値の私立大学の卒業生の何割かは、実は大手企業では現場工員として採用されます。「設備設計」「生産技術者」とかの肩書ですが、実態が工員だったりします。「設備設計」と聞くと、てっきり「設計」の文字があるので、てっきり大学レベルの工学知識を活用する仕事のように思えますが、本当にその場合もありますが、多くの場合、設備設計の実態は工員です。高卒の現場社員でも、ベテランの工員なら図面を書けますし、英語を読める人も多くいます。単に、図面も書けて、英語も読める、便利屋の工員です。
 
 
 
*==== 学部卒の就職活動では、研究テーマの詳細を評価されないのが一般 ====
理系の大学院生卒の就活の場合は、少しは研究テーマを面接で聞いてくる場合もありますが、しかし学部卒では、まず学生の研究テーマの研究レベルを企業は調べません。学部卒にも研究テーマについて面接中に聞いてくる場合もあったり、企業の用意するエントリーシート(インターネットでの応募用紙みたいなもの)の記入欄に、研究テーマとその概要について記入する欄があったりしますが、'''単に聞くだけ'''です。だいたい、就活開始の時期である学部3年後半〜4年前半には、まだ卒業研究がほとんど始まっていませんので、企業側も深く調べようがありません。インターネットでは、「大手企業の技術職志望なら、研究レベルを調べるはず」とかデマが出回る場合がありますが、もちろんデマだと思ったほうが良いです。
 
:(なので、学部生の3年生が卒業研究の研究室を決める時は、志望業種に近い研究室を選ぶのが安全です。せいぜい、その程度しか、企業には卒業研究を評価されないのです。)
 
*==== その他 ====
また、たとえ日本の企業のオカシな採用方法に愛想をつかして外国企業や外国の大学に進む場合でも、大学院の経歴はあったほうが有利です。世界的に、大学学部卒よりも大学院卒のほうが就職などが有利です。
 
ただし、日本では、博士課程まで進むと、年齢の高さにより、就職先が見つかりづらくなる、傾向があります。なので、とりあえずは修士課程までは、理系なら進学したほうが有利です。
 
==== 就職後は、大学院には進学させてもらえないのが一般 ====
よほどの大手メーカーの研究職に就職したのでないかぎり、企業に就職後は、大学・大学院には進学させてもらえないのが、普通です。
 
もし、あなたが就職後、大学や大学院に進学したければ、「会社を解雇させられるかもしれない」という覚悟で、自分で学費を出して、進学する必要があります。
 
たとえ勤務先に「学業中の給料がいらないので、自分で学費を出しますから、大学院に進学させてください、卒業後に勤務先に復職させてほしい」と言っても、勤務先企業から、あなたの大学院進学の許可をもらうのは、きっと難しいでしょう。
 
 
学生時代を思い起こしてください。あなたの大学生時代、まわりに社会人学生は、何人、いましたか?
 
ほとんど、社会人学生が、いなかったはずです。今の時代、夜間学校ですら、少ないです。(少子化の影響もありますが。)
 
 
インターネットでは、デマで「大手企業なら、学力が高ければ、大学や大学院に進学させてもらえて、しかも奨学金として学費を出してくれる」などの流言飛語がありますが、もちろんデマであり流言飛語です。
 
もしかしたら高度経済成長のころの時代には、社員に半導体やらコンピューターなどの最新技術(当時)を勉強させるために大学進学させてもらえるような、そういう時代もあったかもしれませんが、とっくの昔の話であり、現状とは違います。
 
=== 大学院の一般受験は難関 ===
17,695

回編集