「中学校社会 歴史/鎌倉時代」の版間の差分

方丈記について、「高等学校国語総合/方丈記」へのリンク
(冒頭リンクを除去。サブページ式のページ名になっており、もはや冒頭リンクが不要のため。)
(方丈記について、「高等学校国語総合/方丈記」へのリンク)
 
随筆では<big>鴨長明</big>(かもの ちょうめい)による<big>『方丈記』</big>(ほうじょうき)や、<big>吉田兼好</big>( よしだ けんこう、兼行法師(けんこうほうし) )の<big>『徒然草』</big>(つれづれぐさ)などが出てきた。
 
:(※ 高校国語・古文『方丈記』へのリンク 「[[高等学校国語総合/方丈記]]」。方丈記の古文読解は中学国語の範囲外なので、むりに読まなくてよい。)
 
朝廷の貴族を中心とした和歌などの文化も残っていた。朝廷では後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)の命令により、藤原定家(ふじわらの さだいえ、ふじわらの ていか)により<big>『新古今和歌集』</big>(しんこきんわかしゅう)が編集された。
23,477

回編集