「高等学校政治経済/現代社会の諸課題」の版間の差分

ページ名の改名にあわせて、節のレベルを変更
M (すじにくシチュー がページ「高等学校政治経済/本文」を「高等学校政治経済/現代社会の諸課題」に移動しました: 内容に対する適切なページ名に。)
(ページ名の改名にあわせて、節のレベルを変更)
{{substub}}
:<small> [[高等学校の学習]] > [[高等学校政治経済]] > 高等学校政治経済/本文</small>
=== 現代日本の政治や経済の諸課題 ===
{{stub}}
==== 大きな政府と小さな政府 ====
==現代の政治==
==== 少子高齢社会と社会保障 ====
:[[高等学校政治経済/政治]] {{進捗|25%|2015-08-14}}
==== 住民生活と地方自治 ====
 
=== 現代情報化経済進展と市民生活 ===
==== [[経済学 社会保障制度 労働|労使関係と労働市場]] ====
:[[高等学校政治経済/経済]] {{進捗|00%|2015-08-14}}
==== [[経済学 現代経済の仕組み 経済主体とその活動#大企業と中小企業|産業構造の変化と中小企業]] ====
 
== 現代社会の諸課題 ==
=== 現代日本の政治や経済の諸課題 ===
==== 大きな政府と小さな政府 ====
==== 少子高齢社会と社会保障 ====
==== 住民生活と地方自治 ====
==== 情報化の進展と市民生活 ====
==== [[経済学 社会保障制度 労働|労使関係と労働市場]] ====
==== [[経済学 現代経済の仕組み 経済主体とその活動#大企業と中小企業|産業構造の変化と中小企業]] ====
産業の中心が、一次産業から二次産業、二次産業から三次産業へと移ることを'''ぺティ・クラークの法則'''という。そして日本では経済のソフト化が進んでいる。
 
==== [[経済学 現代経済の仕組み 経済主体とその活動#消費者問題|消費者問題と消費者保護]] ====
==== 公害防止と環境保全 ====
==== 農業と食料問題 ====
=== 国際社会の政治や経済の諸課題 ===
==== 地球環境問題 ====
==== 核兵器と軍縮 ====
==== 国際経済格差の是正と国際協力 ====
北と南の国際的な格差問題を[[w:南北問題|南北問題]]という。発展途上国が宗主国の影響で[[w:モノカルチャー経済|モノカルチャー経済]]に陥っていることが原因である。工業化を目指し資金を借り入れた国では[[w:累積債務問題|累積債務問題]]が発生し、支払いのリスケジューリングなどの対策がとられた。逆に工業化に成功した国々は[[w:NIEs|NIEs]]といわれた。工業化がなされていない国は[[w:後発発展途上国|後発発展途上国]]と呼ばれている。先進国側では[[w:開発援助委員会|DAC]]が置かれた。途上国側では、第1回[[w:国連貿易開発会議|国連貿易開発会議]]にてプレビッシュ報告がなされて、70年代には[[:en:w:New International Economic Order|NIEO]]が宣言された。
 
先進国政府の援助は[[w:ODA|ODA]]とよばれ、グランド・エレメントという指標がある。日本の二国間ODAの特徴として、アジアからアフリカへと配分が変わってきている。
 
==== 経済摩擦と外交 ====
日本とアメリカの間では[[w:貿易摩擦|貿易摩擦]]や経済摩擦が起こったので、[[w:日米構造協議|日米構造協議]]や日米包括経済協議といわれる交渉が行われた。
 
==== 人種・民族問題 ====
==== 国際社会における日本の立場と役割 ====
 
==巻末資料==
22,654

回編集