「高等学校数学A/場合の数と確率」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
* 例:保険
たとえば、保険(ほけん)と呼ばれるものはある事柄に値段をつけるものであるが、保険を下ろさなくてはならない事柄が起こりにくいと客観的に思われるものほど、
客観的に思われるものほど、そのものの値段が下がるという特徴がある。例えば、自動車保険に加入するのに必要な代金は若者では高く、年令を重ねるごとに低くなっていく。
これは、若者は自動車の免許を取得して時間が短い場合が多く、保険金の支払を必要とする自動車事故をおこす可能性が高いことによる。
いっぽう、年令を重ねたものについては運転の技量が時とともに上達すると一般に考えられるので保険をかけるための代金は少なくなるのである。
匿名利用者