進行編集

動作が進行している状態(共通語の「~している」)を表すとき、動詞の連用形に「~よる」もしくは「~よー」をつける。ただし若年層では関西弁共通語の影響を受け、「~とる」、「~とー」との混同が進んでいる。この時の動詞の活用は、過去形と同様である。

病院に毎日かよいよる。 HHHHH LLHL HHHHL
病院に毎日通っている。
音楽を聴きよーで HLLLL HHHLL
音楽を聴いているよ。

なお、「とる」、「とー」を用いるときは継続と同じである。

本を読んどる。もしくは本を読んどー。 HLL LHHL
本を読んでいる。

なお、侮蔑の表現の「~よる」と同形であるが、アクセントの違いがある。

車に当たりよる(車に当たるところである)。HHHH HHHHH ←継続
車に当たりよる(車に当たりやがる)。HHHH HHHHL ←侮蔑

過去編集

過去のことについて述べる場合、「~よる」(「~よー」)→「~よった」、(「~とる」(「~とー」)→「~とった」)とする。

去年までアメフトをやりよったわ。もしくは去年までアメフトをやっとったわ。もしくはしとったわもある。 HLLLL LLLLH HHHLLL
去年までアメフトをしていたよ。
前回の授業は休んどってん。 HLLLL HLLL HHHHLL
前回の授業は休んでたんだ。

否定編集

否定の進行形を作る場合、「~よる」(「~よー」)→「~よらん」、(「~とる」(「~とー」)→「~とらん」)とする。

その服あろとらんのや。あるいはその服は洗っとらんのや。 HHHL HHHHHHLL
その服は洗ってないんだ。
今は働いとらん。もしくは今は働きよらん。 LHL HHHHHHL
今は働いていない。

過去の否定編集

進行形の過去の否定は、進行形の否定の形に「~かった」をつける。高齢者では「~なんだ」を用いる。

まだ言いよらんかったな。もしくはまだ言うとらんかったな。あるいはまだ言いよらなんだな。 LH HHHHHLLL
まだ言ってなかったね。

継続編集

ある状態の継続(「~してある」)は、動詞+「~とる」(「~とー」)(活用は過去や進行と同様で、撥音便のときは「~とる」→「~んどる」)で表す。

ドアが開いとる。 HLL HHHL
ドアが開いてある。
あんなとこにチャリ停めとーで。 HHH HLL LH HHHLL
あんな所に自転車を停めてあるよ。

過去編集

「~とる」(「~とー」)→「~とった」とする。これは、年代を問わずよく用いられる。

昨日もうた紙に書いとったで。 HLL HLL HLL LLHHLL
昨日もらった紙に書いてあったよ。

否定編集

「~とる」(「~とー」)→「とらん」

ちゃんと閉まっとらんで。 LHL HHHHLLL
ちゃんと閉まってないよ。

過去の否定編集

否定の形に「かった」をつける

紙に包んどらんかったわ。 HLL HHHHLL LLL
紙に包まれてなかったよ。