メインメニューを開く

メインページ > 試験 > 資格試験 > 精神保健福祉士試験

日本国内で精神保健福祉士の名を受けて精神保健を行うのに必要な資格を精神保健福祉士養成施設において6か月ないし1年以上の専門教育と実習が必要となるため精神保健福祉士養成課程のある大学で4年間、専門学校や短期大学で2年間ないし3年間受講して精神保健福祉士試験に合格し取得する試験である。

試験の内容編集

出題範囲は以下の通り

  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 現代社会と福祉
  • 地域福祉の理論と方法
  • 社会保障
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 保健医療サービス
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 精神疾患とその治療
  • 精神保健の課題と支援
  • 精神保健福祉相談援助の基盤
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
  • 精神保健福祉に関する制度とサービス
  • 精神障害者の生活支援システム