メインメニューを開く

メインページ > 試験 > 資格試験 > 義肢装具士国家試験

日本国内で義肢や装具の装着部位の採寸・採型、製作及び身体への適合を行うのに必要な免許を義肢装具士養成所において1年以上の専門教育と実習が必要となるため義肢装具士養成課程のある大学で4年間、短期大学で3年間、専門学校で2年間ないし3年間受講して義肢装具士国家試験に合格し取得する試験である。実技試験は行われず義肢装具士養成所内部の実技や臨床実習で採点される。

試験の内容編集

出題範囲は以下の通り

  • 臨床医学大要(臨床神経学、整形外科学、リハビリテーション医学、理学療法・作業療法、臨床心理学及び関係法規を含む。)
  • 義肢装具工学(図学・製図学、機構学、制御工学、システム工学及びリハビリテーション工学)
  • 義肢装具材料学(義肢装具材料力学を含む。)
  • 義肢装具生体力学
  • 義肢装具採型・採寸学及び義肢装具適合学