メインメニューを開く

メインページ > 試験 > 資格試験 > 言語聴覚士国家試験

日本国内で言語聴覚士の名で音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うのに必要な免許を言語聴覚士養成所において1年以上の専門教育と実習が必要となるため言語聴覚士養成課程のある大学で4年間、短期大学で3年間、専門学校で2年間ないし3年間受講して言語聴覚士国家試験に合格し取得する試験である。実技試験は行われず言語聴覚士養成所内部の実技や臨床実習で採点される。

試験の内容編集

出題範囲は以下の通り

  • 基礎医学
  • 臨床医学
  • 臨床歯科医学
  • 音声・言語・聴覚医学
  • 心理学
  • 音声・言語学
  • 社会福祉・教育、言語聴覚障害学総論
  • 失語・高次脳機能障害学
  • 言語発達障害学
  • 発声発語・嚥下障害学及び聴覚障害学