電気回路理論/重ね合わせの理

重ね合わせの理(principle of superposition)は線形回路であれば直流・交流問わず一般に成り立つ原理である。

重ね合わせの理編集

線形回路に電源が複数含まれている場合、回路の任意の枝の電流および電圧は、電源が1つしかない場合の全てを重ね合わせたものに等しい。これを重ね合わせの理という。

ここで重ね合わせとは、それぞれの場合の電流・電圧の総和をとることを意味する。また、電源の除去とは、電流源であれば端子を開放し、電圧源であれば短絡することをいう。

例題編集

このページ「電気回路理論/重ね合わせの理」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。