音声学には以下のような効用があります。

  1. 言語(特に、手話言語でない音声言語)に関わる仕事をしている人にとって、その仕事の基盤となります。例えば第2言語としての日本語を教える場合、学習者の発音の誤りを診断し、それを直すための方法を考える際に音声学が役立ちます。
  2. 言語学を学ぶ基礎になります。特に音声言語の資料を集めるためのフィールドワークを行う上で欠かせない知識です。

音声の主な構成要素編集

発声編集

調音方法編集

調音位置編集

同時調音と音連続編集

母音編集

韻律的特徴編集