高等学校世界史B/第二次世界大戦

1939年にドイツがポーランドに侵攻すると、ソ連も秘密協定にもとづいてポーランドに侵攻し、ポーランドはドイツとソ連の2国によって分割された。


ソ連はさらにフィンランドに宣戦して侵攻し、ソ連=フィンランド戦争となった。1940年にソ連はバルト三国(エストニア・ラトヴィア・リトアニア)を併合した。

ソ連はこれらの侵略行為のため、ソ連は国際連盟から除名された。


ドイツは、1940年4月にデンマーク・ノルウェーに侵攻し、5月にはフランスに侵攻した。

そしてドイツが勝利をおさめ、これらの地域を占領し、6月にはパリも占領されフランスは降伏した。

そしてフランスでは、ドイツに協力的なペタン将軍による政権がヴィシーに擁立された(ヴィシー政権)。

(※ ペタンはべつにナチスドイツ支持者ではなくて、フランスが降伏したので、戦時下のフランス統治を請け負っただけ。)

いっぽう、ド=ゴール将軍を中心とする、フランスの対ドイツ抗戦派は、イギリスなどに亡命した。ド=ゴールは亡命先のイギリスで自由フランスを設立し、フランス本国の民衆に抵抗運動(レジスタンス)を呼びかけた。


イギリスでは政治家チャーチル(保守党)が首相になり、ドイツによる空爆に対してイギリスは徹底抗戦した。この徹底抗戦のため、ドイツはイギリス本土には上陸できなかった。

6月にドイツは独ソ不可侵条約をやぶって、宣戦布告なしにロシアに攻め込んだ。これを機に、ソ連はイギリスと同盟を結んだ。

ドイツ軍はモスクワに到達したが、ソ連の抵抗はつづき、独ソ戦は泥沼化した。

8月、ローズヴェルトとチャーチルは大西洋上で会談し、(ドイツを批判する目的で)民族自決・貿易自由化などの宣言を盛り込む大西洋憲章を発表し、また、この憲章を戦後世界の構想として確認した。

(イギリスも植民地をもっており、植民地では民族自決を侵害している。しかも、イギリスはブロック経済を行っており、当時の貿易はあまり「自由」的とは言えない。つまり、もしかしたらアメリカは、この憲章で、イギリスに譲歩をせまった事にもなるのかもしれない。また、ソ連も異民族の国を侵攻していたので、もしかしたら、この憲章にはソ連を牽制する意味合いもあるのかもしれない。)

12月には、日本の真珠湾奇襲攻撃を理由に、アメリカは日独伊に宣戦し、参戦した。

こうして、日独伊の枢軸国(すうじくこく)と、それに対する英米仏露の連合国(れんごうこく)という、2陣営が出来上がった。


連合国軍の反撃により、1943年のスターリングラードの戦いではソ連が勝利して、ドイツ軍をやぶった。この頃から、戦況は連合軍に有利になる。

イタリアでは、連合国軍がシチリアに上陸すると、1943年の7月にイタリア国王によりムッソリーニが解任され、イタリアは降伏した。

米英中の首相はカイロで対日処理方針を話し合い(カイロ会談)、カイロ宣言として発表した。

フランス方面では、44年には連合国軍によるフランス北西部へのノルマンディーに上陸する作戦が成功し、パリの解放に成功した。そしてフランスではヴィシー政権にかわって、ド=ゴールによる臨時政府が誕生した。

45年2月、米英ソの首相はヤルタ会談をひらき、戦後のドイツや東欧の処理方針を話し合い、また秘密裏にソ連の対日参戦が決められた。

そして1945年4月に連合軍はドイツのベルリンを占領し、ヒトラーの自殺により、ドイツは降伏した。

ドイツ降伏の時点では、日本はまだ降伏していない。

その後、(中学歴史や高校日本史で習うように、)最終的に日本がポツダム宣言を受け入れて降伏した。