高等学校国語総合/漢文/江雪

事前の解説編集

雪景色の、静かな風景を詩にしている。作者の孤独な気持ちを表している。(なお、作者は、この地に左遷(させん)されている。)

現代語では、「左遷」(させん)とは、組織づとめをしてるサラリーマンなどが、低い役職に落とされること。

原文編集

江雪

柳 宗元
千山鳥飛絶
万径人蹤滅
孤舟蓑笠翁
独釣寒江雪

(原典: 唐詩三百首)

書き下し文編集

 
寒江独釣図(伝 馬遠筆)

江雪(こうせつ)

柳 宗元(りゅう そうげん)
千山(せんざん) 鳥(とり) 飛ぶこと(とぶこと)絶え(たえ)
万径(ばんけい) 人(じん) 蹤(しょう)滅(めっ)す
孤舟(こしゅう) 蓑笠(さりゅう)の翁(おう)
独り(ひとり)釣る(つる) 寒江(かんこう)の雪(ゆき)に

現代語訳編集

すべての山から、鳥の飛ぶ姿が、まったく消え、
多くの小道は、人の足あとが消えてしまった。 
(川の上で、)一艘の小舟に、蓑(みの)と笠(かさ)をつけた老人が、
独り(ひとり)、雪の降る(ふる)寒々とした川で、釣りをしている。

対比など編集

  • 起句(きく)と承句(しょうく)が対句(ついく)になっている。
千山 ⇔ 万径
鳥  ⇔ 人
飛  ⇔ 蹤
絶  ⇔ 滅

「蹤」(しょう)とは、「足あと」のこと

  • 各句の最初が数に関する字

「千」「万」「孤」「独」というふうに、すべて数に関する字になっている。

形式編集

五言絶句

句法など編集

  • 独釣寒江雪
( 独り(ひとり)釣る(つる) 寒江(かんこう)の雪(ゆき) )

倒置法(とうちほう)で訓読されている。 普通の語順では、「独り寒江の雪に釣る」になる。

編集

「絶(ぜつ)」「滅(めつ)」「雪(せつ)」

語釈編集

千山 - 多くの山。
蓑笠(さりゅう) - みの と かさ。
江雪 - 川に降る雪。