高等学校 生物基礎/様々なバイオーム

小学校・中学校・高等学校の学習 > 高等学校の学習 >生物基礎> 様々なバイオーム

本節では、国内外のバイオームとその分布について扱います。この内容は旧生物Ⅱ(理系のみ)の内容でしたが、現在の教科書では生物基礎で習う項目に移行しています。

地理の気候とも絡んでおり、地理の気候の内容をある程度知っておかないと難しい内容といえるでしょう。

植物のバイオーム編集

※ 社会科の地理学とは区別しきれず、全ての生物学のみから説明するのは、無理があります。

冒頭の植物のバイオームと気温、降水量のグラフを分析しましょう。

まず、森林が形成されるには、ある程度のどの降水量が必要です。実際にグラフを見ると、確かに、降水量の多いほど、樹林が形成されています。

降水量が少ないと、森林が維持できなくなり、草原になっていきます。さらに降水量が少ないと、砂漠などになっていきます。

例えば草原には、サバンナとステップがあります。

サバンナとステップの気候は、一見すると全然違う気候ですが、実は気温が違うだけで、降水量は同じくらいなのです。

サバンナは、熱帯の中にある乾燥地域に見られ、サバンナの草の種類は、イネの仲間の植物を主体としています。

ステップは、温帯の中にある乾燥地域に見られ、ステップの草の種類も、イネの仲間の植物を主体としています。

アフリカのサバンナでは、シマウマなどの大型の草食動物が住みます。また、その草食動物を捕食する、ライオンなどの肉食動物も、アフリカのサバンナには住みます。サバンナというとアフリカが有名ですが、オーストラリアや南アメリカなどにもサバンナはあります。 サバンナには、乾季があるのが普通です。乾季の間、草食動物は、水場や食料などを求めて、集団で大移動します。 アフリカに限らず、サバンナには草食動物が住みつき、その草食動物を捕食する肉食動物も住みつきます。

一方、気温がほぼ同じ地域を見てみると、たとえば年平均20℃〜30℃の地域は、熱帯多雨林、雨緑樹林、サバンナが、気温が同じ気候です。これらの植生を分けるのは、たんに降水量の多少なのです。


砂漠は、地域によって、温度の差が、かなり幅広いです。日本人はついつい「砂漠」と聞くと、熱い地域を想像してしまいがちなので、気をつけましょう。砂漠では、サボテンのような、乾燥に適応した植物が、まばらに生育します。

なお、グラフにはありませんが、土壌や水質などによっても、植生は異なります。例えば海水の多い地域では、海水の耐性のある植物が分布します。

またなお、グラフでの各植生の各領域の温度範囲や降水量範囲の広さや値は、教科書ごとに若干、異なります。なので、あまり細かな数値を覚えても無価値です。

熱帯多雨林編集

熱帯・亜熱帯の気候の地域に、分布しています。

高木(こうぼく)が多くあります。30m〜60mの高木もあります。林内は暗いです。

また、つる植物も多くあります。

東南アジアや南アメリカ大陸などで、このような熱帯多雨林が見られます。

海岸や河口付近では、海水にも耐性のあるマングローブ林などが分布し、マングローブであるヒルギ類などが分布します。

日本では、九州地方南端から沖縄地方、小笠原地方に、亜熱帯多雨林が見られます。

雨緑樹林編集

熱帯・亜熱帯の地域のうち、雨季と乾季のある地域に、雨緑樹林が分布します。 乾季に落葉するチークなどが見られます。

温帯地方編集

温帯地方では、硬葉樹林、照葉樹林、夏緑樹林が分布します。

硬葉樹林編集

地中海沿岸の、温帯のなかでも冬に雨が多く、夏に雨が少ない地中海性気候の地域で見られます。

夏の乾燥に耐えるため、葉が小さく、クチクラ層が厚く、一年中、葉をつける、オリーブやコルクガシなどが見られます。

照葉樹林編集

日本では、関東から四国、九州地方までの低地に分布します。スダジイやアラカシなどが生育します。

夏緑樹林編集

温帯の中でも、比較的寒冷な地域に分布し、ブナ、ミズナラ、カエデ類などが見られます。

冬に落葉します。秋に紅葉します。

日本では、北海道南部の低地、東北地方に分布します。

針葉樹林編集

シベリア、スカンジナビア半島、アラスカなどで亜寒帯の地域に見られ、常緑針葉樹のトウヒ類、モミ類などがあります。東シベリアにはカラマツなども見られます。

少ない樹種です。

日本では、比較的寒冷な北海道東北部に見られます。トドマツやエゾマツが見られます。

針葉は、凍結に耐えるための仕組みです。

ツンドラ編集

北極圏の寒帯などに分布します。夏の一時期を除いて、年中、土壌が凍結している凍土(とうど)のため、高木が育ちません。草本は育ちますが、地衣類やコケ類などが混ざります。

この地域は降水量も少ないため、低温で降水量の少ない地域に、ツンドラが分布することになります。

日本のバイオーム編集

日本では、どこでも降水量が多いため、森林が形成されます。 よって日本では、おもに気温の地域差によって、各地の植生が違ってきます。

そして、気温の地域差は、おもに緯度と標高により、決まってきます。一般に、高度が1000m増すごとに気温が5〜6℃下がります。 なので結果的に、緯度と標高によって、植生が違ってきます。

標高に応じてバイオームの地域差を、垂直分布(すいちょく ぶんぷ)といいます。

一方、緯度によるバイオームの地域差を水平分布といいます。

人工林としてスギなどを植えてた地域も日本では多く、そのため人の手が加わってない自然な植生は、日本ではあまりありません。

垂直分布編集

 
日本中部における植物の垂直分布

2600m以上くらいに、標高が高くなりすぎると、気温が低すぎるため、森林が形成されません。この、森林の形成できる高さの限界を森林限界(しんりん げんかい)といいます。 また、森林限界を越えた、標高の高い場所は、強風の場所でもある場合が多く、そのため風に強い植物が多くあります。

また、その森林限界より前でも、高木の形成できる限界の標高があり、これを高木限界(こうぼくげんかい)といいます。

高木限界より高い場所の植物は、草や花や低木です。夏には、お花畑と呼ばれる高山草原が見られることもあります。

また、森林を形成するには、夏の平均気温が10℃以上は必要です。

このような現象のあるため、森林限界(2500mあたり)をさかい 2500m〜あたりが高山帯で、コケモモ、コマクサなどが見られます。


1700m〜2500mあたりが、亜高山帯であり、シラビソ、コメツガなどが見られます。

1700m〜600mあたりを山地帯といい、夏緑樹林が見られ、ブナやミズナラなどが見られます。

〜600mあたりを丘陵帯(きゅうりょうたい)といいます。

水平分布編集

  • 亜熱帯

沖縄や鹿児島は亜熱帯です。日本でもマングローブが沖縄県など南西諸島の海岸などで見られ、ヒルギ類がマングローブとして分布しています。海岸以外では、ソテツ、ヘゴ、ガジュマルなどが分布しています。

  • 温帯

九州中部から関東までの、標高の低い地域で、照葉樹林の生育する気候です。


暖かさの指数編集

日本では、その地域の気温によって、植生が決まります。

よって、その地域の気温の積算値をもとにした指数によって、植生が説明出来ます。

植物の生育がうまくできる下限の値を5℃と考え、よって月平均気温からマイナス5℃をした値を各月もとめ、さらにその各月の値を足し合わせた積算値を、暖かさの指数(warmth index, WI)といいます。

WIが15〜45は、トドマツなどの針葉樹が分布し、亜寒帯に相当し、北海道の北東部などです。

45〜85は、ミズナラなどの夏緑樹林が分布し、冷温帯に相当し、東北地方などです。

85〜180は、スタジイなどの照葉樹林が分布し、温暖帯に相当します。

180〜240は、沖縄県や鹿児島などで見られ、亜熱帯多雨林が分布し、亜熱帯に相当します。

用語編集

(※ 未記述)

・ 優先種
・ 草本(そうほん)