3次元電子顕微鏡

この本について編集

この本は、3次元電子顕微鏡法(hree-dimensional electron microscopy (3DEM) )に関するものである。その手法には、クライオ電子顕微鏡法やクライオ電子線トモグラフィー法が含まれる。この本の目的は、3DEMに関する全ての内容を、体系づけた形で示すことである。それにより、3次元電子顕微鏡の分野へと新しい科学者を訓練することもできるし、3DEMのコースにおいて教えるためにも利用することができる。また、この分野の知識を広めることにも繋がる。

編集

  • 3次元電子顕微鏡(3DEM)とは何か
  • 電子顕微鏡
  • フーリエ変換
  • CTF(コントラスト変調関数)の推定と補正
  • 単粒子解析法
  • 粒子の拾い出し
  • 2次元粒子のアラインメント
  • 初期構造
  • 3次元再構成法
  • モデルの評価
  • 密度マップの解釈
  • 電子線トモグラフィー法

関連UML編集

英語版: Wikibooks Cryo-electron microscopy Software Tools For Molecular Microscopy Structural Biochemistry/Proteins/Cryo-Electron Microscopy