Wikipedia
ウィキペディアGoogle ChromeOSの記事があります。

Google ChromeOS[1]は、Linuxカーネルの上にChromeウェブブラウザーを中心としてネットワーククライアント機能を提供します。

Google ChromeOS Flex編集

Google ChromeOS Flex は、従来ChromebookやChromeboxなどのハードウェアにインストールされた状態で提供されていたChromeOSを、x86−64をプロセッサーとするPCやApple Macintoshでも稼働するよう提供されたソリューションです。

Google の ChromeOS Flex の発表に前後して、Microsoft Windows 11 のシステム要件[2]が発表され、多くのPCがWindows11 のサポート対象外となることが露見し、ChromeOS Flex が一躍注目されました。

GIGAスクール構想編集

GIGAスクール構想は、2019年に開始された、全国の児童・生徒1人に1台のコンピューターと高速ネットワークを整備する文部科学省の取組みです。

ChromeOSは、『GIGAスクール構想の実現 標準仕様書』[3]で、「学習者用コンピュータ(児童生徒用)」として指定された3種

  1. Microsoft Windows 端末
  2. Google ChromeOS 端末
  3. iPadOS 端末

の1つとして挙げられ、ChromeOSが全体の40.1%、Windowsが30.4%、iPadOSが29.0%と[4][5]、ChromeOSの採用が目立ちました[6]

脚註編集

  1. ^ 公式でも ChromeOS と Chrome OS の表記が混在していますが、本項では ChromeOS に統一しました。
  2. ^ Windows 11 の仕様、機能、コンピューターの要件を確認する
  3. ^ GIGAスクール構想の実現 標準仕様書(2022-09-03 閲覧)
  4. ^ GIGAスクール端末の利活用 小学校84%、中学校91%が全学年で開始 - データは語る:日経クロステック Active
  5. ^ 原資料では iOS となっていましたが、iPadのOSは iPadOS で『GIGAスクール構想の実現 標準仕様書』でも「iPadOS 端末」としているので iPadOS としました。
  6. ^ GIGAスクール構想でChromeOSの採用が多かった理由に様々な分析がありますが、標準仕様書のハードウェア・スペックは当時の水準から考えても低く、特にChromeOSとWindowsを比較するとストレージの容量以外は同じスペックで、相対的に使用資源の少ないChromeOSが軽快に動作し、Windowsが鈍重に感じられることが理由の1つに挙げられます。

外部リンク編集