GIMP/ツールボックス

ツールボックスは自分の好きなツールを選んで並べておくための場所である。すべてのツールは画像ウィンドウのツールバーの「道具」からアクセスできる。

各ツールの説明は以下。

選択ツール編集

画像の任意の部分を「選択」し、「選択領域」を作成するためのツール群である。描画や変形などGIMPの操作は基本的にこの選択領域に対して行われる。なおこの選択領域は選択/非選択の2値ではなく、選択の濃さを持っていることに注意。

選択領域について詳しくはGIMP/基礎を参照(未稿)。

Rectangle Select編集

ドラッグ開始地点と終了地点を対角線とする長方形の領域を選択する。選択直後は四隅四辺に四角が表示され、これをドラッグすることにより選択領域を変更することが可能である。

Shift等による拡張編集

  • ドラッグ開始後に
    • Shift: 領域を正方形にする
    • Ctrl: 領域を、ドラッグ開始地点を中心とする長方形にする。
    • Alt: (Ver.2.2.x以前のみ)ドラッグ開始地点を移動する。
  • ドラッグ開始前に
    • Shift,Ctrl: 既存の選択領域との重なりのモード変更。
    • Alt: 既存の選択領域を移動する。

ツールオプション編集

  • モード

すでに選択領域があった場合の動作を規定する。このオプションはツールオプションから選択する以外にShiftとCtrlキーの組み合わせで変更できる。

  • 選択領域を置換
  • 選択領域に加える
  • 選択領域から引く
  • 選択領域との交わり
  • アンチエイリアシング

選択領域が斜めの時のアンチエイリアス設定。Rectangle Selectでは意味がないため使用不可。

  • 境界をぼかす

領域の境界での選択の濃さをなだらかに変化させるようにする。ぼかし度合いは「半径」で設定。

  • Round corners

角を丸める(Rをつける)設定。Rの半径は「半径」で設定。

  • Expand from center

領域を、ドラッグ開始地点を中心とする長方形にする。ツール使用中にCtrlでもスイッチできる。

  • Fixed:

選択領域の縦横の大きさに制限をつける。Aspect ratio(アスペクト比)・幅・高さ・大きさ(幅+高さ)を固定する。

アスペクト比の設定は直下のボックスで「2:3」などと入力。「current」と入力すればその時点でのアスペクト比に固定できる。

  • Position:

領域の左上の位置を示す。数値を入力することにより正確な位置に領域を置くことができる。

  • 大きさ:

領域の幅および高さを示す。Fixed設定をした場合の値はここで設定する。

  • ハイライト

チェックすると選択領域以外の部分が暗く表示される。

  • (その下の名前のないセレクトボックス)

ガイドの表示設定。

  • Center lines: 縦横のセンターを表示。
  • Rule of thirds: 3等分線を表示。
  • Golden sections: 上下左右からの黄金分割。
  • Auto Shrink

領域の周辺部の無駄な領域を切り詰める。

  • Shrink merged

チェックするとAuto Shrink時に表示されているレイヤー全てを対象にする。普段は選択レイヤーのみが対象。

楕円選択編集

ドラッグすることにより楕円形の領域を選択する。

自由選択編集

ドラッグした線に沿って好きな形の選択領域を作る。

前景部分選択編集

(加筆求む)

あいまい選択編集

クリックした点から連続した同系色の領域を選択する。

色による選択編集

クリックした点の色と同系色の領域をキャンバス全体から選択する。

電脳ばさみ編集

エッジを判定して選択する。ツール名は「はさみ」とも。

描画ツール編集

実際にキャンバス上に色をつけるためのツール群。

塗りつぶし編集

選択範囲や類似色領域を指定した色で塗りつぶす。

ブレンド編集

鉛筆編集

絵筆編集

消しゴム編集

エアブラシ編集

インク編集

スタンプ編集

Heal編集

Perspective Clone編集

Blur / Sharpen編集

にじみ編集

Dodge / Burn編集