OSS開発ツール/デバッグツール

デバッグツール編集

gdb編集

プログラムのデバッグにはデバッガがよく利用されます。GNUが提供しているデバッガがgdbです。

gdbはgccでコンパイルされたプログラムに対して使用されます。gdbを使うときには、gccのオプションとして-gをつける必要があります。

gdbを起動するときには、

$gdb ファイル名

というコマンドを利用します。

gdbはコマンドライン入力を用いてソース内を移動します。よく使うコマンドには

b[reak] ブレークポイントの設定
r[un] プログラムの実行
s[tep] 手順を1つ進める(関数があったら関数が呼ばれた先に移動する)
n[ext] 手順を1つ進める(関数があってもそのまま先に進む)

gdbの詳細についてはgdbのinfoファイルを参照してください。

このページ「OSS開発ツール/デバッグツール」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。