OSS開発ツール/解析・分析ツール

解析・分析ツール編集

ctags編集

ctagsは、C言語のソースを読み取って関数やマクロの宣言を取りだすプログラムです。巨大なプロジェクト内で関数や構造体の定義を探すのに重宝します。ctagsの出力はvimEmacsを使って読むことが出来ます。これらのエディタではタグファイル内から、実際に関数が定義されたソースファイルを開くことが出来ます。(ctagsのmanより)

実際にctagsを利用するときには多くの場合

$ctags -R

を使います。これはカレントディレクトリ以下のディレクトリを再帰的に読み、cファイルを探しだします。

vimを利用してtagsファイルを読むときには、定義を参照したい関数の上でCtrl+]を利用することで関数の定義にとぶことが出来ます。また、とんだ先からtagsファイルに戻るときにはCtrl+Tを使います。(Vimのヘルプファイル tagsrch.txtより)

オープンソースのctags実装である'Exuberant Ctags'は

http://ctags.sourceforge.net

からダウンロードできます。

このページ「OSS開発ツール/解析・分析ツール」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。