Wikijunior:世界遺産/世界遺産についての前置き

Wikijunior:メインページ > Wikijunior:世界遺産 > Wikijunior:世界遺産/世界遺産についての前置き

Wikipedia
ウィキペディア世界遺産の記事があります。

Wikijunior:世界遺産/世界遺産についての前置きへようこそ!ここでは世界遺産(いさん)について話す前に、世界遺産に関する詳細(しょうさい)な前()きをしたいと思います。

そもそも世界遺産とは編集

世界遺産とは、(むずか)しく言うと顕著(けんちょ)普遍的(ふへんてき)価値(かち)を有する自然的または文化的な遺産」、分かりやすく言うと「はっきりと言える一般的に価値(かち)があると思われる自然的または文化的な過去(かこ)から引き()いだもの」[要出典]です。目的は「その保護(ほご)[要出典]です。すると、世界遺産に登録(とうろく)された自然や建築(けんちく)などは保護するほど価値がある、ということになり[要出典]「それほど価値がある遺産を(おとず)れよう」という人が()え、その地域(ちいき)振興(しんこう)((さか)えること)につながる可能性も[要出典]出てきます。

種類編集

世界遺産にも種類(しゅるい)があります。以下(いか)にそれらを列挙(れっきょ)します。

  • 自然遺産-自然が該当(がいとう)[要出典]します。
  • 文化遺産-文化的な遺産が該当[要出典]します。
  • 複合(ふく)遺産-{{|上の2つ(自然遺産と文化遺産)の両方に当たる遺産が該当}}します。

この3つが公式に認められている分類[要出典]ですが、これらのほかにもう一つ非公式でありながら[要出典]広く知られている[要出典]ものに「負の世界遺産」(wp)というものがあり[要出典]ます。これには、人類(じんるい)(おか)してきた(つみ)象徴(しょうちょう)するものが挙げられ[要出典]ています。ただし、非公式なので(ぞく)するかあいまいな遺産もあり[要出典]ます。