恐竜は地球をさまよっていた他の動物の皆よりも大きくて、彼らのお話が世界中の子供たちの思いをそそるのです。恐竜の皆がむかしむかし死に絶えましたけど、今も彼らは私たちの想像力をしげきして、高められます。

三角竜の骨の複製品

この本は彼らの食い物、大きさと形、そして生息地について語るがためです。

ある日、むかしむかし

編集

ある日、歴史以前の森を歩いている間に、後ろに木の枝がポキッと割る。やばい物じゃないようにと願いながらそろりそろりと後ろに振り向くと、そこにはステゴサウルスがむしゃむしゃとシダの葉をかじっている。溜息をホッと漏らす。肉食恐竜ではないので、自分を食おうとする訳がない。もちろん、それは百万年以上も前のことですので、自分の想像にしか存在しない話です。実際のところ、あまりにも遠く前の話ので、人間はおろか、サルさえまだいませんでした!

歴史以前の恐竜の世界は不思議で劇的なものです。今、窓のそとを見れば映るのはあの頃と大きく違う世界です。ビルよりも高く立つ恐竜も、そなたの家族の皆を合わせてそれより重い恐竜もいました。ランドセルに入られる小っちゃい恐竜もいました。お腹がすいたら迷いなく人を食おうとするのもいました!あの頃、人が存在していたらね。ただし、存在しなかった恐竜もいます。それはツマラナイ恐竜です!

恐竜について知りたいものがたくさんあります。恐竜って何ですか?現在生きている動物とどう違いますか?今も生きている恐竜はいますか?彼らがどこで生きていたのですか?何を食べていましたか?どんな姿をしていましたか?どうして消えましたか?どうして人は恐竜が生きていたことを知っていますか?恐竜とともに生きていた恐竜ではない動物がいましたか?どうやって食い物を見つけましたか?恐竜は寝ていたのですか?どうやって動き回っていたのですか?どうやって自分たちを守っていたのですか?泳げたのでしょうか?赤ちゃんの恐竜の大きさは?毒性のある恐竜もいましたか?この本がどんなに長くても、恐竜の全てについて触れることができません。もっと知りたいのなら、図書館に行って山ほどの本を見つけられます!そして、博物館に行くと自分の目で恐竜の骨が見えるかも!