Wikijunior:環境の問題とヒトの進化/現在の環境との関係

現代は、色々な環境問題にたいする対策が出ている一方、世界全体でみれば深刻な環境問題がおこっているのです。このページでは、今も起こりつつある環境問題をいくつか紹介します。

主な環境問題編集

地球温暖化編集

地球温暖化というのは、人間の活動から主に放出される、二酸化炭素を主とする温室効果ガスという気体により、地球の気温が異常に上がってしまうということです。
地球はもともと生物が住めないようなとても冷たいの空気でできていました。しかし、温室効果ガスは、太陽から地球に届いた熱の一部を、つかまえてくれているので、地球の気温はどんどん上がりました。こうして、私たちがいつも過ごしている気温となっています。今はこの温室効果ガスの量が増えているのでその分地球の温度が上がっています。 つまり、温室効果ガスの排出量が増えるほど、地球の温度が上昇し、「地球温暖化」となってしまっています。
では、どこの誰が温室効果ガス、特に二酸化炭素を出しているのでしょう。それは、意外と身近にあるのです。例えば、車の排気ガスや、工場の煙です。日本などをはじめ、いろんな国が二酸化炭素の排出を減らそうとがんばっています。

異常気象編集

地球の温暖化は、今後いくらか、猛暑などの異常気象をよく起こすと考えられています。つまり、異常気象は、地球温暖化と深い関わりがあるのです。


最近は、暑い日が続いたり、大災害が起きたり変に思いませんか? 世界全体を見ても、竜巻や洪水津波がよく起きたり、異常な猛暑や寒波など例年と異なりを感じることは、地球温暖化によって起こることが多いとも考えられています。この問題についても、日本などをはじめ、いろんな国が二酸化炭素の排出を減らそうとがんばっています。

対策編集

現在は、いき過ぎた自然破壊を食い止めようと、日本を含めた先進国の国は、工場の操業を調整するなどして、二酸化炭素を抑えたりしています。また、植林や、花を植えることをして自然を取り戻そうと努力がなされています。

役に立つリンク集・関連項目編集