Wikijunior:生物学/生命の起源

すべての生物(せいぶつ)は、いきるための(みず)や食料(しょくりょう)、住み家(すみか)などの資源(しげん)を得る(える)ために、環境(かんきょう)を共有(きょうゆう)して 生きています。
これらの資源には 限り(かぎり)があることから、1匹以上の生物が同じ資源を利用するとなると 資源をめぐっての競争(きょうそう)が起こります。2匹が争うと1匹が勝利(しょうり)し、勝ったほうの1匹が 資源を消費(しょうひ)します。
いきものの生まれつきの特徴のうち、資源を得ようとする争いで有利な点があると、適応(てきおう)と呼ばれます。適応(てきおう)は親から子へ受けつがれ、次第(しだい)にその個体(こたい)がいる集団(しゅうだん)や近くにいる別の集団に広まっていきます。これを自然淘汰(しぜんとうた)、あるいは進化(しんか)といいます。

大きな群集(ぐんしゅう)から小集団が別れてしまった場合、元にいた場所とは違う環境を探す(たとえば山川を越えたり、あるいは島に移住したりするなど)ことがよくあります。そうした際には資源や敵対者が違うことから、以前の環境とは異なる適応が必要となります。大集団の方は環境がそのままなので適応の種類は変わりません。時がたつと別れた集団は元の集団と似なくなり、数千年以上も経てば違いが多すぎて同じ種(しゅ)だとは思えなくなります。この過程は種形成(しゅけいせい)といい、進化の重要な点でありどんな種でも避けることはできません。

地球は45億年前に生まれ、そのときには岩石と水だけが地球にあって、まだ生き物はいませんでした。
38億年前には海中に初めての生物が誕生しました。それはちっぽけな単細胞生物(たんさいぼうせいぶつ)ですが、分裂することで数を増やし、数十億年後にはより複雑に進化を遂げました。
そして10億年前に初めて多細胞生物(たさいぼうせいぶつ)が誕生(たんじょう)しました。より すぐれた新しい種により 古い種は絶滅(ぜつめつ)に追いやられたことから、古代種の多くは現代に生息してはいませんが、それらは地下の深くに埋もれた化石(かせき)となって発見されています。

Wikipedia
ウィキペディア生命の起源の記事があります。