Wikijunior:生物学/解剖学/生殖器系

赤ん坊の作り方編集

人間には、生物学的に考えると、男と女の2つの性があります。赤ん坊は男性の作る精子(せいし)が女性の作る卵(らん)(卵子とも言う。)と結合する過程を経て作られます。細胞が結合すると接合子(せつごうし)と呼ばれる新しい細胞を形成します。接合子は赤ん坊の基であり、父母に似た赤ん坊に成長します。

赤ん坊の生まれ方編集

 
母体で成長する赤ん坊

赤ん坊は母親から生まれます。赤ん坊を作るために、父親は母体に精子(せいし)を注入する必要があります。そして、精子を、注入すると、吐き出された精子細胞(せいしさいぼう)が母体を泳いでいきます。接合子は母親の子宮(しきゅう)の中で成長し、赤ん坊となります。妊娠後から266日の、約9ヶ月ほどが経つと膣内から赤ん坊が出てきて出産(しゅっさん)となります。

単語編集

  • 子宮(しきゅう):体内で赤ん坊が育つ場所で、Woman(女性)の語源は子宮(Womb)を持つ男性(man)によります。
  • 接合子(せつごうし):精子と卵子が結合し後に赤ん坊になる細胞。
  • 精子(せいし):男性の性細胞
  • 卵子(らんし):女性の性細胞
  • 妊娠(にんしん):母体に接合子ができた状態
ウィキペディア生殖器の記事があります。