線(せん)は、点と点との間にあり、さらに無限に薄く、無数の点を持ち、(まっすぐで)両方向に永遠に伸ばせる。これが現実の生活の中で構築することは不可能であることを忘れないでください。なので、通常、我々は、単純に両端に矢印(厚みのある)のある線を引くでしょう。任意の2個の線は、単一の点で交差することができます。同一平面上にある線は「共面」である。

Geom lines lines 01.png
Geom lines lines 02.png

線分編集

線分(せんぶん)、またはセグメントは、2つの端点(たんてん)が、線分の一部です。端点は、線分を固定するか、有限の長さを与える。

線分ABおよびCDは   のように、書くことができる

方向編集

線は1つの端点を持つ線分である。光線が一方向に無限である。つまり、一方向に永遠に行くことを意味します。彼らが実際の生活の中で構築することは不可能であるため、通常は我々だけで、一端に矢印の付いた線を描画します。それらは   のように表すことができる。

交差する線編集

2線は交差し、彼らが互いに交差するとき、線が交差する点が 交点(こうてん) と呼ばれています。線が交わって出きた角が、すべて直角であれば、その線は 垂線(すいせん) と呼ばれています。2線が交差することがない場合は、それらが 平行線(へいこうせん) と呼ばれています。平行線については、後にくわしく説明する。


公理:2点を通る直線は1本だけ引ける編集

公理:2点を通る直線は、一本だけである。

  • 線の中には、無数の点が並んで存在する。
  • 長い線と短い線の点の数が同じであることを示している