ガリア戦記/用例集/第二変化名詞/固有名詞/Gallus

Gallus, Gallī編集

Gallus, -ī

Gallus, -ī  ガッリア人(男性)
単 数 複 数
主格 Gallus Gallī
属格 Gallī Gallōrum
対格 Gallum Gallōs
与格 Gallō Gallīs
奪格 Gallō Gallīs

Gallī編集

  • Gallī  (複数・主格、単数・属格)

単数・属格編集

1巻1節1項編集

  • Gallia est omnis dīvīsa in partēs trēs, quārum ūnam incolunt Belgae, aliam Aquītānī, tertiam quī ipsōrum linguā Celtae, nostrā Gallī appellantur. 
    ガッリアは、全体として三地域に区分されており、それらの一つにはベルガエ人が、もう一つにはアクィーターニー人が、三つ目には彼ら自身の言葉でケルタエ、我ら(の言葉)でガッリア人と呼ばれている者たちが住んでいる。(1巻1節1項

複数・主格編集

Gallōs編集

  • Gallōs  (複数・対格) ガッリア人たちを
    1. Gallōs ab Aquītānīs Garunna flūmen, ā Belgīs Mātrona et Sēquana dīvidit. 
      ガルンナ川が、ガッリア人たちをアクィーターニア人たちから、マートロナ川とセークアナ川がベルガエ人たちから分け隔てている。(1巻1節2項

1巻1節4項編集

  • Quā dē causā Helvētiī quoque reliquōs Gallōs virtūte praecēdunt 
    そのような理由から、ヘルウェーティイー族もまた、他のガッリア人たちを武勇の点でまさっているのである。(1巻1節4項

1巻1節5項編集

  • Eōrum ūna pars, quam Gallōs obtinēre dictum est, initium capit ā flūmine Rhodanō, continētur Garunnā flūmine, Ōceanō, fīnibus Belgārum, attingit etiam ab Sēquanīs et Helvētiīs flūmen Rhēnum, vergit ad septentriōnēs. 

ガッリア人たちが1巻1節5項


脚注編集

関連項目編集

関連記事編集