メインメニューを開く

目次

浮世絵と西洋美術の関係編集

  • ゴッホ(フィンセント・ファン・ゴッホ、Vincent Willem van Gogh)

なお、日本画が欧米などに与えた影響のことを「ジャポニズム」という。

西洋画家編集

  • フェルメール(ヨハネス・フェルメール、Johannes Vermeer)

抽象芸術編集

  • ダリ (サルバトール・ダリ、Salvador Dalí)
(※編集者への注意:  この芸術家は死去後70年を経ていないので、作品はパブリックドメインにありません。その作品を写した写真やスキャン画像をウィキペディアにアップロードしないでください。)

ダリ作品『記憶の固執』(きおくのこしつ)を外部のネット検索エンジンで画像検索してください。


  • ピカソ (パブロ・ピカソ、Pablo Picasso)

『ゲルニカ』(外部リンク)『ゲルニカ』の画像 第二次世界大戦での、ナチス・ドイツによる侵略を批判する意図で描かれた絵画。


  • ルネ・マグリット(René François Ghislain Magritte)
(※編集者への注意:  この芸術家は死去後70年を経ていないので、作品はパブリックドメインにありません。その作品を写した写真やスキャン画像をウィキペディアにアップロードしないでください。)

錯視や錯覚の利用編集

白い壷(つぼ)にも見えるし、あるいは、向かいあった人の顔の影にも見える。

  • エッシャー(マウリッツ・コルネリス・エッシャー Maurits Cornelis Escher)
(※編集者への注意:  この芸術家は死去後70年を経ていないので、作品はパブリックドメインにありません。その作品を写した写真やスキャン画像をウィキペディアにアップロードしないでください。)

ポスターイラスト編集

※ wikibooksでは『中学校美術/美術2・3下』でも近代画家のポスターイラストを紹介している。

立体造形編集

プロダクト・デザイン編集


美術史編集

日本の伝統工芸・伝統美術編集

※ wikibooksでは『中学校美術/美術2・3下』で日本の伝統工芸などを紹介している。

水墨画編集

※ wikibooksでは『中学校美術/美術2・3下』でも近代の水墨風の絵画を紹介している。

カメラ・写真の技法編集

レンズの焦点距離による違い編集

  • 広角(こうかく、wide angle)

焦点距離が近く、広い範囲の角度を写せる。

  • 望遠 (telephoto)

焦点距離が長く、遠くを写すのに適する。

広角レンズと望遠レンズは異なる形状のため、同じレンズでは両方は撮影できないのが普通。

焦点距離別の被写界深度の比較(F値=5.6)
 
広角レンズ
24mm(35mm判)
対角線画角84°
 
標準レンズ
50mm(35mm判)
対角線画角46°
 
中望遠レンズ
100mm(35mm判)
対角線画角24°
橋の欄干やその影に注目すると、24mmではかなり奥まで合焦しているように感じられる。50mmでは橋の中ほどより先ではボケている。100mmでは欄干はボケている。なお作例では、被写体(人物)の大きさを一定にしようと撮影しているため、カメラから被写体までの距離(ピント位置)は異なる。
※ 業界によってレンズの焦点距離の「標準」の基準が違い、「標準レンズ」とは50mmなのか35mmなのかが違う。なので、もし仕事の文書で、レンズの望遠/標準/広角を指定するときは、具体的に何ミリのレンズなのかも指定しよう。たとえば「このシーンでは広角で24mm、あのシーンでは標準レンズで50mm」のように。


木工の技法編集