メインメニューを開く

辞書の選びかた

英語の辞書には、英和辞典(えいわ じてん)と、和英辞典(わえい じてん)と、英英辞典(えいえい じてん)などがあります。

英和辞典とは、英単語のつづりは分かるけど、その意味が分からないときに、つづりを頼りに意味を調べる辞典です。単語の順序は、ABC順に掲載されてます。

和英辞典とは、日本語のある単語や表現を、英語ではどういうのか、というのを調べるための辞書です。単語・表現の順序は、「あかさたな順」に掲載されてるのが普通です。

英和辞典と和英辞典が、ひとつになってる辞書もあります。

中学生のうちは、この、英和辞典と和英辞典がひとつになってる辞書を買うと、便利でしょう。

書店で、中学生用の辞書を選ぶと、たぶん、英和辞典と和英辞典がひとつになってる辞典だと思います。

なお、英英辞典は、中学校の段階では、まず、使いません。

書店でも、中学生用の辞書には、英英辞典は無いのが、普通です。


英和辞典と和英辞典のどちらかしか書店にない場合は、英和辞典を優先して、買ってください。なぜなら、中学・高校では、和英辞典よりも、英和辞典のほうが使う回数が多いからです。


市販の辞書では中学生・高校生用の学習辞書としては、ジーニアス英和辞典、プログレッシプ英和辞典、ライトハウス英和辞典などが有名です。

なお、より進んだ辞書としてはリーダーズ英和辞典がありますが、これは英語を専門に扱う者向けに書かれた辞書であるためやや高価であり、大きいのであまり持ち運びには向きません。


辞書の使用法

つぎの用途には、辞書を使いません。

・ これから、いくつも単語を勉強したり、覚えようとしたりする学習では、辞書を使いません。

中学校の場合、単語の学習をする場合、参考書とか、教科書ガイドを使います。

中学校1年〜2年では、市販の単語集(たんごしゅう)は、まだ、あまり使いません。

参考書や教科書ガイドに、覚えるべき単語と、その意味と使いかたが説明されてるので、1年生くらいのうちは、まずは参考書と教科書ガイドを読みながら、練習用紙などに単語の書き取り練習をします。


辞書を使う必要のある場合とは、教科書や参考書の英文を読んでいて、教科書ガイドや参考書などの解説を読んでも、まだ意味のわからない単語を調べるときに使います。

参考: フリーの辞書について

中学英語の辞書は、なるべく市販の辞書を使うのが望ましいです。

ですが、なんらかの事情で、市販の辞書が買えない場合、インターネット上には、無料の辞書が、いくつか、あります。

ここでは、無料で用いることが出来る辞書として配付されている和英辞典として、edictを挙げておきます。 EDICT

これは和英辞典ですが、通常のテキストファイルで書かれているため、検索の仕方を工夫することで、英和辞典として用いることも出来ます。 ただし、例文や語法、発音などの情報が不足しているため、市販の辞書をうまく組み合わせて用いることが重要です。