~て編集

相手にお願いするとき、動詞+「て」(活用は過去進行と同様)で、過去形の最後が「だ」となる動詞には「て」の代わりに「で」をつける。

肩もんで。 LH LLH

ここまでは共通語と同じであるが、後ろに「な」、「や」をつけることが出来る。

良かったら来てな。 HLLL HHH
良かったら来てね。
明日までに調べて来てや。 HHH HLL HHHH HHH (少しきつい言い方: HHH HLL HHHH HHL)
明日までに調べて来てね。

「な」よりも「や」の方が命令のニュアンスを含む。

命令編集

動詞を次のような形にすることにより命令を表す。

連用形編集

軽い命令を表す。(伸ばして発音することが多い)

そろそろ宿題しぃ。 LLHL HHHH HH
そろそろ宿題して。

最後を下げ調子で発音すると、ややきつい意味になる。

そろそろ宿題しぃ。 LLHL HHHH HL
そろそろ宿題しなさい。

最後に「や」をつけることもできる。

靴履きや。 HL HHH
靴を履いてね。
靴履きぃや。 HL HHLL
靴を履きなさいよ。

命令形編集

連用形よりもきつい意味となる。

ちゃんと食べろ。 LHL LHL

「する」は「しろ」も可能であるが、「せえ」がよく使われる。

よせえ。 LH HL
早くしろ。

連用形と同様、最後に「や」をつけることもできる。

しっかり勉強せえや。 LHL HHHH HLL
しっかり勉強しろよ。

未然形編集

未然形+「んか」または「んかい」で更にきつい意味を作る。

話を聞かんかい。 HLLL HHHHL
話を聞けよ。

「する」は「せんか」または「せんかい」の形で

しっかりせんか。 LHL HHL
しっかりしろ。