メインメニューを開く

学習の要項編集

基本 ~学習の基盤を固めるために~ 編集

  • 教科書の太字は、意味とともに必ず全てチェック

教科書に登場する語句の中でも、太字で書かれているものは重要というのは、中学教育の基本事項でありどの教科でも共通している。特に理科・社会は暗記要素が強いため、教科書の重要語句を覚える事が定期テストの点数にも直結してくるのである。よって、教科書の太字語句は、きちんと全て覚えておくこと。たとえ教員が授業中に紹介していない語句でも、太字の語句に関しては定期テスト、外部の業者テストで出題されることも多いので、ぜひ覚えた方が良い。また、たとえ教科書に書かれてない用語でも、教員が授業中に紹介して「覚えるべき」「テストに出す」「入試に出やすい」などと言う語句があれば、それらの語句は参考書などで紹介されていたりする単語の場合があるので、ぜひ覚えたほうが良い。

もちろん、語句だけ覚えていてもテストでは通用しない。語句と、その語句がどういう事を表しているのかはセットで覚えること。


  • できごと・人物を順序立てて覚える

一例として、「中大兄皇子らが蘇我氏を滅ぼした」というできごとと「大化の改新」というできごとは、「中大兄皇子(天智天皇)」という人物名と共に関連付けて覚える必要がある。中学歴史は一部を除いて、一つの物語を形成しているため、このような”体系的に覚える”行為は、様々な場面で重要となってくる。例えば、テストで出題されることのある記述問題・記号問題の半分以上はこのような体系的暗記によって培われる知識があれば、苦労せずに解けるものがほとんどである。

教科書だけでは情報が不足している場合もあり体系化しづらいかもしれないので、教科書と合わせて参考書も読むほうが体系化しやすくて良いだろう。

以上の2つは中学歴史学習における基本的な学習方法であり、これらを効率的に実践すれば、定期テストにおいて6~7割の得点が望めるだろう。

応用 ~満点を狙うために~ 編集

  • 年号を覚える

例えばテストで「平城京に都が移されたのは何年か」という単純な問題は、中学・高校では、あまり出ないが、「長岡京、平安京、平城京を、都が移された順に並べ替えよ」という問題は出るかもしれない。長岡京の遷都(せんと)は784年、平安京遷都は794年、平城京遷都は710年なので、この問題は「平城京→長岡京→平安京」の順で正解なのだが、このような時代を代表するような出来事の並べ替え問題は、思考するよりも、単純に年号を覚えてしまったほうが、すぐに解ける。

また、平城京遷都(せんと)は「なんと(710)立派な平城京」、平安京遷都は「なくよ(794)うぐいす平安京」といった具合に「語呂合わせ」(ごろあわせ)という手法を利用して覚える事ができる。他にも語呂合わせを利用して年号を暗記できる出来事はあるので、参考書を利用して探そう。

どの年号が暗記すべきかは教科書だけでは分かりづらいかもしれない。参考書を探せば、暗記すべき年号には「語呂合わせ」が書いてあるので、利用しよう。


  • 出来事の背景を確認

テストにおいて、「なぜ~~が起こったか」 などといった ”原因”(背景) を問う記述問題・記号問題が出ることは珍しくない。また、こういった類の問題は答えとなり得る知識をもっていなければ解けないことが多く、回答に必要な知識を考察で補うのは無理がある。よって、”出来事の背景を確認”しておくことは、この類の難問を乗り越えて満点を狙う者たちにとっては必須なのである。

具体的に何をするかといえば、もちろん、それぞれの出来事に関して ”なぜ” を追究していくのだが、歴史上の全ての出来事にこれをやっていてはキリがない。たいてい、出来事の原因というのは、教師が授業中に紹介していたり、教科書・参考書に書かれていたり、学校配布の問題集に載っていたりすることが多いため、それらを活用して学習すればよい。


  • 地名と地図上の場所はセットで覚える

「日米和親条約によって開かれた港はどこか」 という問いがあったとして、これを名前のみ問う問題は少ない。”地図上のA~G地点から全て選び、記号で答えよ”などという問題が続くのが普通である。このような問題は今や定期考査でも業者テストでも出題されることがあるので、高得点を狙うならば必須(ひっす)の知識である。

このような問題は学校配布のテキストに多く載っているし、参考書などを買えば問われやすい典型的な問いは地図とセットでほとんど載っている。全て覚えておくとよい。

(※ 現状のウィキブックスでは地図画像が少なく、よって、このような地図学習にウィキブックスは向かない。なので中学生は、ウィキブックスではなく、検定教科書や参考書などの書籍を中心に勉強すべきである。)


  • 年号を覚える(応用)

年号暗記の難関といえば、江戸末期~明治初期や第一次世界大戦~第二次世界大戦のあたりの出来事である。この周辺の出来事は密度が高く、語呂合わせがなかなか利用しにくいものが多い。とりあえず、まずは参考書に書いてある語呂合わせから、覚えていこう。

歴史は暗記科目である編集

  • 歴史の通説の検証なんて、する必要はないし、中学・高校の歴史教育は、そこまで対応してないし、時間も足りない。

なので、中学の歴史教育と言うのは、高校で詳細な歴史教育をならうための準備段階と思うべきだろう。まずは通説・定説や基礎知識を学ぶことを身につけるべきである。

そのため、歴史科目は、暗記科目である。たとえ授業で分析的な見方を習おうが、実際の定期テスト・入試に出る問題は、用語などの暗記を問う問題だろう。けっして中学歴史だけが暗記科目なのでなく、高校の歴史教育も暗記科目である。


  • 公立高校への進学や、推薦入試などを利用したいなら、定期テストの成績をあげつつ、教師に気に入られれば良いだろう。定期テストで好成績を収めたいなら、教科書ガイドで学習すればよい。
  • 私立入試などで好成績を収めたいなら、参考書の歴史・地理・公民3冊というように、科目ごとに別冊になってる参考書で勉強すればよい。


歴史の出来事の解釈なんて、教育の行われている時代によって、コロコロと変わっている。たとえば江戸時代の「えた」「ひにん」などの被差別の職業についての歴史教育でも、昭和の教育では「江戸幕府が農民の不満をやわらげるため、農民よりも下の階級を新たに作った。」という説が有力だったが、平成の近年(2014年に本文を記述)では、「室町時代ごろから、すでに皮革業などへの職業差別があり、幕府は身分統制により職業を固定化しただけ。」というふうな解釈が有力となっていたりと、このように年代によって歴史解釈が変わっている。


古代史から順番に学ぼう編集

世間では、たまに、歴史教育評論で「現代の出来事から、さかのぼって、歴史教育をすべきだ」みたいな事を言う、馬鹿な(自称)教育評論家もいます。

ですが、彼らに言われるまでもなく、日本では小学校の4〜5年生くらいで、とっくの昔から、小学校の地理の授業でも、郷土史と関連づけて、江戸時代〜明治時代あたりの歴史も教えています。読者もその学年のときに、学校の遠足などで、地元の郷土資料館や歴史博物館を見学させられたでしょう。

馬鹿評論家のいう「現代の出来事から、さかのぼって、歴史教育をすべきだ」という通説は、小学校の社会科教育すら把握できてない馬鹿のいう愚論なので、相手をするだけ時間の無駄です。

なぜ、彼ら自称「教育評論家」は 小学校教育すら把握してない のかというと、じつは2005年くらいに中学歴史教科書の第二次世界大戦についての記述をめぐって政治論争が起きたときに、それまで教育のことなんか何も調べてこなかった政治評論家クズレの三流評論家が、(自称)「教育評論」をしているだけですので、無視をしましょう。2005年の当時は 小学の歴史教科書は論争にならなかった ので、彼ら自称評論家は、小学校の歴史教育のことも忘れて、まるで日本の歴史教育が小学4年の地理のあとに、いきなり中学歴史を教えているかのような意味不明な主張を、彼ら自称教育評論家はしているのです。


少なくとも中学校レベルの歴史教育では、子供でもイメージしやすいことが取り上げられてるので、わざわざ現代のできごとから、いちいち、さかのぼって学習するのは、手間がかかってしまい、時間の無駄です。

なので、中学生の歴史の勉強では、教科書や参考書の順番どおりに、古代から順に、古代 → 中世 → 近代 → 現代 へと向かって読み進めていけば(ときどき問題練習もしながら)、学習の順番としては、とくに問題ありません。


2005年くらいに政治の分野で、規制緩和の政策が流行したこともあったので、学校教育の分野でも規制緩和がすすみ、「歴史の教育では、かならずしも時代の順番どおりでなくても、かまわない」と規制緩和されたのです。馬鹿な教育評論家は、それを、「歴史の順番とは逆に教えるのが合理的だ、と日本国政府によって証明されたのだ!」という意味不明な勘違いをしてるだけの、頭のわるい(自称)教育評論家なので、中学生はかれら自称評論家を無視したほうが安全です。

彼ら自称「教育評論家」は、(規制緩和をすすめた)当時の政権与党にコビを売ろうとしているだけのゴマスリ人間ですので、俗物ですので、無視しましょう。


歴史と公民に深入りしすぎないように編集

社会科の「歴史」と「公民」の科目は、科目の性質上、どうしても歴史認識や政治思想・経済思想などの主観的な内容が関わってくるので、教科書検定などでは数学などと違って社会科の検定では明確には検定不合格の基準が設置しずらく、そのため教科書会社によっては、その出版社の検定教科書では、中学生にとっては細かすぎる内容が書かれていて、そのせいで数学など他教科の勉強時間に悪影響のありそうな検定教科書が、残念ながら検定合格しており、実際に検定教科書として普及してしまっています。

しかし、中学生は、社会科以外の数学や理科や英語などの教科も、勉強する必要があります。

なので、あまり歴史と公民だけの勉強に深入りしすぎないように、中学生は気をつけてください。


高校受験との関係

高校受験のための受験勉強では当然ですが、5教科をなるべくバランスよく勉強する必要があります。

しかし、5教科のバランスの良い勉強には向いてない教科書が、現実として検定教科書として合格してしまっています。

そもそも高校は義務教育ではないので、たとえ高校受験の勉強には向いてない検定教科書であっても、文部科学省による教科書検定では不合格にする事ができないのでしょう。


また、社会科の教科書検定には、このような特徴があるので、高校受験の対策としては、もし自分の学校の使っている教科書が、そのような細かすぎる内容のものの場合、他社の検定教科書を自費で購入するほうが、安全でしょう。


公立高校入試の社会科では、一般的な教科書と、一般的な参考書、一般的な資料集にあるような共通の話題しか、高校入試には出ないでしょう。

また、私立高校については、そもそも私立高校の多くは、入試に社会科と理科が無いのが普通です。多くの私立高校の受験科目は、国語・英語・数学だけの3教科です。


それでも、どうしても、細かい話題の多すぎる検定教科書を活用したい場合には、資料集のように活用すると効果的かもしれません。


また、教科書の出版社が自社の学説を紹介したいあまりか、ある検定教科書では、現状の教育学では教育的な効果の不明な知識ばかりを紹介するような事例もあります。

中学生はまず、教育的な効果のハッキリしている教育内容を優先的に勉強する必要があります。

どちらにせよ、自分の学校がそのような検定教科書を使っている場合、高校受験の対策のためには自費で他社の検定教科書を購入する必要があります。


社会科の教科書は、けっして鵜呑み(うのみ)にしない

前提として重要なことは、そもそも社会科の教科書を鵜呑み(うのみ)にしてはいけないという事です。

社会科の教科書の役割は、あくまでも、「その時代や地域や分野の、現在の学会での通説がどうなのか?」を大まかに確認するためだけの役割や、その確認のために前提として必要になる最低限の用語などの知識を学ぶための教材の役割です。


よく大人で「社会に出たら、教科書どおりには、物事は行かない事もある」とか、したり顔で説教したりする人もいますが、

じつは大人になる前の段階でも、すでに中学高校の受験勉強の段階でも、教科書を鵜呑みにしてはならないのです。


中学高校生の段階では、時間の制約などの事情もあるので、通説でなく真相を探る必要は中高生には無いですし、そもそも真相解明は子供には無理ですが(それは大人の仕事です)、しかし「小中高の社会科の教科書にある情報は、あくまで通説に過ぎない」という認識は持っておきましょう。

将来的に通説が変わる場合もあります。実際に過去の40年間や50年間で、中学高校の社会科の歴史や公民の通説は、けっこう変わっていってます。