メインメニューを開く

小学校体育

小学校・中学校・高等学校の学習小学校の学習>小学校体育(しょうがっこう たいいく)


体育(たいいく)とは、体(からだ)を動かす(うごかす)教科(きょうか)です。自分(じぶん)から、すすんで、体を動かしましょう。

目次

新体力テスト編集

入学(にゅうがく)したばかり、または進級(しんきゅう)したばかりの体育では、体力テスト(たいりょく てすと)というものを行います。体力テストには8つの分野(ぶんや)があります。先生の指示(しじ)に従って(したがって)、行いましょう。また、ここでは6才~11才までのものを、扱って(あつかって)います。

あく力編集

握力(あくりょく)とは、手をにぎる力がどれくらい強いかをはかるテストです。右→左のじゅんに2回くりかえします。あく力をはかる時は、きちんと立ったまま、はりの部分をそとがわにして、行いましょう。このテストでは右手・左手のテストをそれぞれ2回ずつ行って(つまり両手で4回になります。)、それぞれの手で、いいほうのきろくを取ります。

上体起こし編集

 
上体起こし

上体起こし(じょうたいおこし)とは、ふっきんに近い動き方をするテストです。あおむけのじょうたいからひじが足につくまで体を起こす動きを30秒間できるだけ多く行ってください。テストをするのを手伝う人は、しっかりとテストをする人のひざをおさえましょう。またメガネは外してからテストをしてください。テストを受ける人と、足を抑える人の頭がぶつからないように注意してください。

ちょうざたいぜんくつ編集

長座体前屈(ちょうざたいぜんくつ)とは、体がどれくらいやわらかいかを、はかるテストです。かべに背筋(せすじ)をぴったりとつけて、ダンボールでできたテストに使う道具の箱と箱の間に足を入れます。そのかっこうで両手をダンボールからはなさないようにして前にできるだけのばします。その後ダンボールから手をはなして横にあるものさしできろくを読みとります。このテストは2回行って、いいほうのきろくを取ります。

はんぷく横とび編集

反復横とび(はんぷくよことび)とは、動き(うごき)がどれくらいすばやいかを、はかるテストです。1mの幅(はば)のライン3本のあいだを、できるだけ速くステップでまたぐ動きを、30秒間で、できるだけ多く行ってください。またラインは、またいでも点数になりますし、ふんでも点数になります。このテストは2回行って、いいほうのきろくを取ります。

20mシャトルラン編集

どれくらい体力(たいりょく)が続くのか(つづくのか)を、はかるテストです。20mのはばのライン2本の間(あいだ)をテープの音にあわせて走ります。テープから流れる音は1音ずつ高くまたは低くなります。次に「パーン」という音がなるまでに20m先にあるラインまで走ってください。音はだんだんと速くなるのでおくれないようについていきましょう。自分でやめるか2回れんぞくで音についていけなくなるとテストは終わりです。また、テープは「1・2・3・・・」と回数も読むので、それできろくをはかってください。

50m走編集

50m走(ごじゅうメートルそう)とは、足(あし)が、どれくらい速いのか(はやいのか)をはかるテストです。スターターが「位置(いち)について・・・よーい」のあとに、音や「スタート」などの声(こえ)にあわせて50m先にあるゴールラインまで、できるだけ速く(はやく)走ります。スピードが落ちないように、できればゴールラインをすぎてから5mくらい先まで、走っておきましょう。

立ちはばとび編集

 
立ちはばとび

どれくらい遠く(とおく)にとべるかを、はかるテストです。安全(あんぜん)のため、砂場(すなば)の前(まえ)でテストを行います。つま先(つまさき)をふみきり線のラインの一番前にあわせて、できるだけ遠くにとびましょう。記録(きろく)は砂場(すなば)についた位置(いち)で、ふみきり線に一番近いものを取ります。このテストは2回行って、いいほうの記録(きろく)を取ります。

ソフトボール投げ編集

ソフトボール投げ(ソフトボールなげ)とは、どれくらいボールを遠く(とおく)にまで、投げられるかをはかるテストです。かかれている円の中でボールを手に持ち、30°のおうぎがたの中に、できるだけ遠くへ投げます。投げてる間や投げ終わった後は円の中から出ないようにしてください。このテストは2回行って、いいほうのきろくを取ります。

このページ「小学校体育」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。