料理本/米料理/卵かけご飯

Tamagokake-gohan.JPG
卵かけご飯(たまごかけごはん)は、生の鶏卵を米飯と混ぜて食べる料理である。最近では、俗語だが「TKG」と略されることもある。栄養などについてはウィキペディアに詳しい説明がある

材料(1人分)編集

  • 米飯 … 茶碗1杯分:約150g
  • 生の鶏卵 … 1個
  • 醤油 … 適量

その他、好みに応じて様々なトッピングが用いられる。

作り方編集

1. 小鉢に鶏卵を割り入れる。

 

好みに応じて、黄身についている白いカラザを取り除く。
2. 醤油を好きなだけかける。

  

醤油の量は人それぞれで、左の写真は多めで醤油が沈殿している。右の写真は、醤油が少なめである。
3. かき混ぜる。

  

醤油が多いと左の写真のように茶色くなり、少ないと右のように黄色くなるが、好みにもよるのでどちらでも構わない。ここで ふりかけ や なめ茸、納豆など「ご飯の友」をいれても構わない。
4. 茶碗によそった米飯の真ん中に穴を開ける。

 

この時の穴が小さすぎると、溶いた卵が溢れてこぼれてしまうので、深く開けておくのが望ましい。
5. 開けた穴に溶いた卵を流し込む。

 

6. 米飯に白い所が残らないように、まんべんなくかき混ぜて完成。

 

食べ方編集

 

卵かけご飯の一品だけで食事をすませる事もある。また、味噌汁や漬け物などを添えることもある。

ウィキペディア卵かけご飯の記事があります。
ウィキメディア・コモンズに、料理本/米料理/卵かけご飯に関連するマルチメディアがあります。