タコスは、トウモロコシのトルティーヤに肉や野菜、チーズなどを詰めて作るメキシコ発祥の料理です。

材料(2人分)

編集
  • トウモロコシのトルティーヤ 6枚
  • 牛挽肉 300g
  • 玉ねぎ 1個
  • トマト 1個
  • レタス 1/4個
  • チェダーチーズ 50g
  • サワークリーム 50g
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 塩 小さじ1
  • コショウ 小さじ1
  • ガーリックパウダー 小さじ1

作り方

編集
  1. 玉ねぎをみじん切りにする。
  2. トマトは皮をむき、種を取って小さく切る。
  3. レタスはざく切りにする。
  4. チーズはすりおろす。
  5. フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎを炒める。
  6. 玉ねぎがしんなりしてきたら、挽肉を加えて炒める。
  7. 肉に火が通ったら、トマトと調味料を加えて炒める。
  8. トルティーヤを温める。
  9. 温めたトルティーヤにレタスと肉をのせ、チーズとサワークリームをかける。
  10. たたんで完成。
ポイント
トマトの皮をむくときは、軽くX字を切ってからゆでると簡単にむけます。
トルティーヤはレンジで温めるのが簡単です。

以上が、簡単に作れるタコスのレシピです。お好みでアボカドやコーンを加えるのもおすすめです。

トルティーヤ
「トルティーヤ」とは、メキシコ料理のタコスやブリトーなどに使われる薄い平たいパンです。

小麦粉やトウモロコシ粉を原料として作られており、その歴史は古く、アステカ文明時代から存在していました。 トルティーヤは手作りされることが多く、小麦粉やトウモロコシ粉、塩、水を混ぜて生地を作り、丸めた後に薄く延ばして焼くという工程が一般的です。生地の作り方や焼き方によって、トルティーヤの味や食感が異なります。

市販のトルティーヤも販売されていますが、手作りのものに比べると硬くてパサついた感じがすることがあります。そのため、自分でトルティーヤを作ることで、より美味しいタコスやブリトーを作ることができます。

また、トルティーヤはタコスやブリトー以外にも、チャパティーやピザの代用としても使われます。具材やソースによっては、そのまま食べても美味しいですし、オーブンで焼いてカリッとした食感にすることもできます。 トルティーヤは手作りすることで、アレンジの幅が広がります。小麦粉やトウモロコシ粉の種類を変えたり、生地にスパイスやハーブを加えたりすることで、より個性的なトルティーヤを作ることができます。是非、手作りトルティーヤを試してみてください。