ウイスキーは大麦やとうもろこし、ライ麦、小麦などの穀物を原料とした蒸留酒のことを指します。

グラスに入ったウイスキー

蒸留酒ですので、40%以上、中には60%を超えるアルコール度数のものも存在しています。飲む際は、チェイサーを用意するといいでしょう。

種類

編集

この節は書きかけです。この節を編集してくれる方を心からお待ちしています。

飲み方

編集

ウイスキーは、水を加えると香りや味が際立ちより美味しくなると言われています。とはいえ、個人の好みによりますので量を調節しながら楽しんでください。

ストレート

編集

そのまま注ぎ、飲んでいく過程で少しずつ水を入れていくスタイル。文字通り調節が利く方法なので、自分の好みを探したい人におすすめ。

トワイスアップ

編集

最初から1:1で水割りにする飲み方。このとき、水は常温のほうがより風味がよくなる。

ロック

編集

大きめの氷にウイスキーを注ぐスタイル。少しずつ氷が溶け、味の変化も楽しめます。ほぼほぼストレートなので、キツイという人は1:2.5~3で水を加える水割り、同量の水を加えるハーフロックを試してみてください。

ハイボール

編集

ロックのウイスキーを炭酸水で割る飲み方。かなりメジャーで、多くの店でバリエーションも豊かに提供されている。胡椒やはちみつのトッピングなどをしても美味しい。

また、ロックではなくグラス自体を冷やし、温度を低く保つ神戸ハイボールという手法も有名。

参考資料

編集
 
Wikipedia
ウィキペディアウイスキーの記事があります。
  • CROSSROAD LAB,ウイスキーを趣味にする,マイナビ出版,2021(第3刷)