民事執行法第108条

法学民事法コンメンタールコンメンタール民事執行法

条文編集

(管理人による配当等の額の供託)

第108条
配当等を受けるべき債権者の債権について第91条第1項各号(第七号を除く。)に掲げる事由があるときは、管理人は、その配当等の額に相当する金銭を供託し、その事情を執行裁判所に届け出なければならない。債権者が配当等の受領のために出頭しなかつたときも、同様とする。

解説編集

参照条文編集


前条:
民事執行法第107条
(管理人による配当等の実施)
民事執行法
第2章 強制執行

第2節 金銭の支払を目的とする債権についての強制執行
第1款 不動産に対する強制執行

第3目 強制管理
次条:
民事執行法第109条
(第三債務者の供託)


このページ「民事執行法第108条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。