民事執行法第96条

法学民事法コンメンタールコンメンタール民事執行法

条文編集

(強制管理のための不動産の占有等)

第96条
  1. 管理人は、不動産について、債務者の占有を解いて自らこれを占有することができる。
  2. 管理人は、前項の場合において、閉鎖した戸を開く必要があると認めるときは、執行官に対し援助を求めることができる。
  3. 第57条第3項の規定は、前項の規定により援助を求められた執行官について準用する。

解説編集

参照条文編集


前条:
民事執行法第95条
(管理人の権限)
民事執行法
第2章 強制執行

第2節 金銭の支払を目的とする債権についての強制執行
第1款 不動産に対する強制執行

第3目 強制管理
次条:
民事執行法第97条
(建物使用の許可)


このページ「民事執行法第96条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。