民事訴訟法第112条

法学民事法コンメンタール民事訴訟法

条文編集

(公示送達の効力発生の時期)

第112条  
  1. 公示送達は、前条の規定による掲示を始めた日から2週間を経過することによって、その効力を生ずる。ただし、第110条第3項の公示送達は、掲示を始めた日の翌日にその効力を生ずる。
  2. 外国においてすべき送達についてした公示送達にあっては、前項の期間は、6週間とする。
  3. 前2項の期間は、短縮することができない。

解説編集

  • 第110条(公示送達の要件)

参照条文編集

判例編集

前条:
民事訴訟法第111条
(公示送達の方法)
民事訴訟法
第1編 総則

第5章 訴訟手続

第4節 送達
次条:
民事訴訟法第113条
(公示送達による意思表示の到達)


このページ「民事訴訟法第112条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。