民事訴訟法第147条の2

法学民事法コンメンタール民事訴訟法

条文編集

(訴訟手続の計画的進行)

第147条の2
裁判所及び当事者は、適正かつ迅速な審理の実現のため、訴訟手続の計画的な進行を図らなければならない。

解説編集

参照条文編集


前条:
民事訴訟法第147条
(裁判上の請求による時効の完成猶予等)
民事訴訟法
第2編 第一審の訴訟手続
第2章 計画審理
次条:
民事訴訟法第147条の3
(審理の計画)


このページ「民事訴訟法第147条の2」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。