民事訴訟法第251条

法学民事法コンメンタール民事訴訟法

条文編集

(言渡期日)

第251条
  1. 判決の言渡しは、口頭弁論の終結の日から2月以内にしなければならない。ただし、事件が複雑であるときその他特別の事情があるときは、この限りでない。
  2. 判決の言渡しは、当事者が在廷しない場合においても、することができる。

解説編集

参照条文編集


前条:
民事訴訟法第250条
(判決の発効)
民事訴訟法
第2編 第一審の訴訟手続
第5章 判決
次条:
民事訴訟法第252条
(言渡しの方式)


このページ「民事訴訟法第251条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。